燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

トヨタ ヴェルファイア(フジミ) その1【未塗装でOK!?】

 次に作るやつは、出たばかりのキット、

ヴェルファイア_箱絵

↑ こちら、フジミの車NEXT001、「トヨタ ヴェルファイア」です!

 箱絵の側面にある説明によると、

***************************************
カーモデルをより作りやすく、それでいてリアルな出来を
実現するプラキット。
・各部色分けした成形により未塗装でOK
・パーツの合わせ目が目立たない分割方式を採用
・接着剤を必要としないスナップキット
・細かい部分の色分けを再現するシールが付属
***************************************

 とのこと。国内メーカーのクルマプラモとしては新しい試みで、なかなか面白そうだったので、ポチッとしちゃいました。

 それでは、箱を開けてみましょう!

ヴェルファイア_パーツ

↑ こちらが外装関係です。
 確かにパーツ表面はツヤツヤで、無塗装でいけそうな感じ。普通に研ぎ出したとしたら、ここまでキレイにするのはかなり大変です。
 バリがほぼ無いのも素晴らしい!
 フロントフェンダーが別パーツになっていて、ボディにかぶせるようになっていますが、これは兄弟車のアルファードが後に出ることを意味しているのでしょう。

ヴェルファイア_パーツ

↑ こちらは内装と下まわりです。
 内装は黒一色みたいですが、ヴェルファイアのカタログと見合わせても、このグレード(ZA"Gエディション")だと確かに内装はブラックでした。
 シャシーのモールドはかなり細かいですねー。

ヴェルファイア_パーツ

↑ クリアパーツ、メッキパーツ、ホイールとタイヤです。
 リアのウィンドウはかなり濃いめのスモークが入っています。なので内装にあまり凝っても仕方なさそう。
 メッキパーツの輝きもいい感じです。

ヴェルファイア_シール

↑ こちらはデカール関連です。
 右がこのキットの特徴である、紙シールです。これを貼れば塗装の必要なしということ!?
 ...ちょっと抵抗あるけれどスゲーなー。
 中央は窓枠マスキングシールですが、切れ目は無いので、自分で切り出すタイプです。窓裏の塗装にはマジックペンが推奨されていましたよ。
 左は通常の水転写式デカールで、今まで通り普通に作る人はこちらを使えばいいみたい。

ヴェルファイア_組立説明書

↑ そして、組立説明書は片面カラー!
 説明も細かく丁寧で、やる気がうかがえます。

ヴェルファイア_組立説明書

↑ でも、ガイドのこの女性が、可愛いわけでもなく、色気があるわけでもなく、中途半端なのはどうして!? 
 ユーザーを限定したくないということなのかもしれないけれど、ちょっとモヤッとしたポイントでした。 

ヴェルファイア_仮組み

↑ 塗装はするつもりですが、この新しいタイプのプラモを楽しみたいので、まずはそのまま組み立てていきました。
 パーツにはピンが付いていて、受け側の穴に押し込んでとめるようになっていますが、あとでバラして塗装できるように、ピンバイスで穴を少し拡げてから組み立てていきましたよ。

ヴェルファイア_完成(無塗装)
ヴェルファイア__完成(無塗装)

↑ 全部のパーツを組み付けて、シールを貼り、未塗装状態で完成!
 シールの精度は非常に高くて、大きさが合わないなどは全くありませんでした。確かに、これで十分なんじゃないのと思わせるものがあります。
 ドアミラーなど、穴を拡げたので落ちないようにマスキングテープで止めていますが、拡げなければもちろんピッタリはまって、接着剤も不要です。
 注意点としては、どのパーツも精度が高すぎるので、ゲート処理が甘いと、うまくはまらないということがありました。

 いやー、さすが最新キット、なかなかのもんですねー。
 
 ということで、今回はここまで!
 次回は、一度全部バラして、塗装します!
 
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

調合して余った塗料、いつまで取っておく?

調合して余った塗料、いつまで取っておく?
【クルマプラモあるある】


調合して余った塗料、いつまで取っておく?

 ボディカラーとか内装用に多めに調色したプラカラーが少し余ったからスペアボトルに入れておいたけれど、また使うことってあるのかな...。
 

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

シトロエン DS21 デカポタブル(エブロ) 【目次】

 シトロエン DS21 デカポタブルが完成したので、製作記の目次を作りました。
 ここを起点にして見て頂けると、時系列順に見やすいと思います!

□ シトロエン DS21 デカポタブル 製作記 目次 □

その1【7800円+消費税!】
その2【ルーフの流用!】
その3【幌の作成!】
その4【トランクとモール!】
その5【スーパーアイアン!】
その6【シートはエポキシパテと色々!】
その7【丸形メーター!】
その8【オーバーライダー!】
その9【ラストスパート!】
その10【完成写真!】

 ルーフを取っちゃいました!シトロエンDS21デカポタブル_目次
 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

シトロエン DS21 デカポタブル(エブロ) その10【完成写真!】

 今回はシトロエン DS21 デカポタブルの完成写真です!



(拡大します)

 エブロのキットを改造して、オープンカーの『デカポタブル』にしました。
 屋根を切り飛ばすだけだから簡単かなと思ったのですが、意外とやることが多くて大変でした。




 クラシックカーらしく、光り物が多くなっていますが、ドアノブなどの小さなパーツは元々のメッキパーツを生かしました。前後のバンパーは形状を変えたりしたので、メッキを落としてからメッキシルバーNEXTを吹きました。サイドのモールはミラーフィニッシュを細切りにして貼りました。

 補助灯はキットに元々入っていたものを使いましたよ。




 内装はオープンカーだからよく見えるので、手抜きせずに作っていきました。シートにはエポキシパテを盛って豪華な革張り風に。メーターはシンプルな長方形のものから丸形のものに改造しました。

 幌カバーもエポキシパテで。カッチリしすぎない感じが布っぽくていいんじゃないでしょうか。




 リアランプはハイキューパーツのクリアドームS(3.0mm)を使って、丸形のものに変更しました。ナンバープレートはレーザープリンターで印刷したデカールです。

 ボディカラーと内装は、参考資料の『Classic & Sports Car 第6号』にあった、暗めのシルバーと赤にしましたが、なかなか大胆な組み合わせでカッコいいですよね。




 失敗箇所も多数ありますが、改造箇所が多い割にはまとまっている方なのかな...。ドアがパカパカ開閉するのは楽しいのですが、閉めたときにチリが合わなくなりがちなのが悩ましいところ。

 今度、エブロからネコ目のDS後期型が出るみたいですね。8,800円(税別/予価)ってなってましたよ。うーん、ありがたいけど、やっぱり高いよねー。

 HPにも完成写真を載せましたので、そちらもご覧ください。
 それではまた!
 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

シトロエン DS21 デカポタブル(エブロ) その9【ラストスパート!】

 長いこと作っていた『シトロエン DS21 デカポタブル』ですが、ラストスパートです!

シトロエンDS21デカポタブル_シャシー

↑ シャシーにはディスプレイケースへ固定するためのM4ナットを接着しました。いつもは中心部に1個なのですが、今回はそこだと具合が悪かったので、フロントシート下部分の2箇所にしました。

シトロエンDS21デカポタブル_シャシー

↑ 下まわりはこんな感じです。シンプルですねー。
 緑のやつはハイドロ用の部品だと思います。

シトロエンDS21デカポタブル_研ぎ出し

↑ そしたら、ボディの研ぎ出しを始めました!
 全体がつや消しになるまで#2000のペーパーをかけましたよ。

シトロエンDS21デカポタブル_研ぎ出し

↑ 研ぎ出しおしまい!
 今回は塗装のうねりとかホコリの巻き込みとかが多めなのでイマイチかも。なかなかうまくいかないなー。

シトロエンDS21デカポタブル_部品

↑ パーツがだいたい揃いました。
 あとはこれを組み立てるだけ!

シトロエンDS21デカポタブル_もうすぐ完成
シトロエンDS21デカポタブル_もうすぐ完成

↑ 色々組み上げて、あともうちょっと!
 ボディの前後を切り離してしまったので、ドアの合わせを揃えるのが大変でした。
 あとは前後のバンパーと小物の接着なんかが残っていますね。

 今回はここまで!
 次回は完成写真です!!!
 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ