燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

シトロエン DS21 デカポタブル(エブロ) その3【幌の作成!】

 今回は前回の続き、リアの整形から!

シトロエンDS21デカポタブル_リアの整形

↑ オープンになるとリアの形状が変わります。低くなだらかになるのですが、使わなくなったルーフのパーツ形状がいい感じだったので、それを加工してリアに接着し、スキマをポリパテで埋めました。

シトロエンDS21デカポタブル_リアの整形

↑ 「おっ、なかなかいいんじゃない!?」と最初は思ったんですが、畳んだ状態の幌が収まる部分がちょっと盛り上がっています。資料写真を見ると、ここはもうちょっと平らじゃなきゃいけないんですよねー...。
 この状態まで持ってくるのに結構な時間がかかったので、このまま突き進もうかとも思ったのですが、やっぱりやり直すことにしました。

 そう簡単に物事は進みませんねー。

シトロエンDS21デカポタブル_リアの整形

↑ 接着したルーフ部品を一度切り離してから少しずらして(下げて)再接着し、ポリパテを盛って形を作っていきました。

シトロエンDS21デカポタブル_リアの整形

↑ また時間がかかりましたが、前よりもいい感じになったので、やり直してよかったです。
 
シトロエンDS21デカポタブル_幌の作成

↑ そしたら、幌を作っていきましょう!
 ボディーの幌が乗る部分にハセガワのマスキングリキッドを塗っておいて... 

シトロエンDS21デカポタブル_幌の作成

↑ タミヤのエポキシパテを盛って、それっぽい形にしていきました。

シトロエンDS21デカポタブル_幌の作成

↑ 出来た幌はマスキングリキッドのおかげで、ポロっときれいに外れてくれましたよ。
 今回は別に問題にならなかったけれど、リキッドのオレンジ色がプラとエポキシパテに染み出していたのがちょっと気になりました。
 さっき調べてみたらこのマスキングリキッドは絶版みたいですね。何でだろう?

シトロエンDS21デカポタブル_幌の作成

↑ このあと、余計なところを削ったり、デコボコを均したりして、こんな感じになりました!
 今回はエポキシパテで作ったので、ボディーにスキマなくぴったりはまってくれました。きれい過ぎずいびつな感じが、布地っぽく柔らかそうに見えていいんじゃないでしょうか。
 留め具の部分には、リベットヘッドを使うつもりなので、ピンバイスで穴をあけておきましたよ。

 今回はここまで!
 
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

こんにちは~
思いっきりいきましたね~月曜にBSでちょっとだけシトロエンDSがテレビで映っていて、そういえばと想像しておりました。また覗かせていただきます。

  • 2017/04/20(木) 14:40:33 |
  • URL |
  • 黒幕ぬぽ #-
  • [ 編集 ]

黒幕ぬぽさん、コメントありがとうございます!
行ったり戻ったりであまり進んでいないんですが、ちょっとずつやっていきます!
i-274

  • 2017/04/20(木) 21:33:12 |
  • URL |
  • 七力夕二 (ななりき ゆうじ) #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/230-f2c0a304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ