燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

シトロエン DS21 デカポタブル(エブロ) その5【スーパーアイアン!】

 このキットは左右のドアが開閉するようになっています。

 で、オープンに改造したときにドアの長さを伸ばしたりした影響で収まりが悪くなってしまったので、ピッタリ閉まるよう、ネオジム磁石を仕込むことにしましたよ。

シトロエンDS21デカポタブル_ネオジム磁石

↑ ボディー側に直方体型のネオジム磁石を接着しました。ドア側にはステンレス製のエッチングパーツ、「マグネットセッター」を接着しました。どちらもハイキューパーツ製です。便利、便利。

 だいぶ時間がかかったけれど、ボディー周りの準備はだいたいできたかな!?
 ...ということで、

シトロエンDS21デカポタブル_サフ

↑ 1回目のサフ!
 切り貼りしたリアを中心に、やっぱり要修正個所がたくさん見つかりました。

シトロエンDS21デカポタブル_サフ

↑ 地道にデコボコを均して...

シトロエンDS21デカポタブル_サフ

↑ 2回目のサフ!
 また見つかったキズを修正してから...

シトロエンDS21デカポタブル_黒サフ

↑ 次は黒サフ!

シトロエンDS21デカポタブル_スーパーアイアン

↑ ボディーカラーはちょい暗めの銀にしたかったので、GSIクレオスの『スーパーアイアン』を吹きました!
 色味がバラバラにならないよう、ドアとボンネットはボディー側に仮止めした状態で吹きましたよ。

シトロエンDS21デカポタブル_ウレタンクリア

↑ そしたら、その勢いで、ウレタンクリアを吹きました!
 硬化するのをしばらく待ちましょう。

 今回はここまで!
 
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

七力さん、こんにちは!
やはりこの地道なボディーのライン修正がすばらしい作品につながるのですね!
教えていただきたいのですが、この凸凹修正に使われるパテは何ですか?
溶きパテとかだと硬化まで1日くらい待たないといけないと思いますが、光硬化パテとかポリパテとかを使っているのでしょうか?
繰り返し行われている、と書いてあったので、わりと硬化が早いパテを使われているのかな、と思い質問させていただきました。

  • 2017/05/05(金) 11:42:54 |
  • URL |
  • 120sec #-
  • [ 編集 ]

120secさん、コメントありがとうございます!
修正箇所が多いし、手軽なので、細かいキズなどを埋めるのは「Mr.サーフェイサー500」を筆でちょんちょんとやって、一日おいてからペーパーがけしていく感じです。ちょっと大きいところはタミヤのホワイトパテを使っています。でも確かにこれだと時間がかかりますね...。
急いでいるときとか、ちょっとだけのときは瞬間接着剤と硬化スプレーでやってしまうこともあります。
食い付きが悪くてポロッと取れてしまいそうなので、もうこの段階ではポリパテとか光硬化パテはあまり使いません。
...って感じです!
i-274

  • 2017/05/05(金) 21:28:44 |
  • URL |
  • 七力夕二 (ななりき ゆうじ) #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/232-48dc0be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ