燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

シトロエン DS21 デカポタブル(エブロ) その6【シートはエポキシパテと色々!】

 今回は内装です!
 ボディと同時に進めていたので時間的に前後するものもありますよ。

シトロエンDS21デカポタブル_内装

↑ ドアの長さを伸ばしたので、ドアの内張りも伸ばす必要がありました。
 真ん中あたりで切断して、そこにプラ板を挟んで伸ばしました。白いパーツにホワイトパテを使っているので、どこをどうやったのか、この写真だと分かりにくいですね。

シトロエンDS21デカポタブル_シート

↑ シートですが、キットの元の状態はこんな感じでした。
 このままでも悪くないんですが、ノーマルに比べて『豪華な内装』というのがデカポタブル(オープン)の特徴ということらしく、シートも豪華な革張りになっています。

シトロエンDS21デカポタブル_シート

↑ それを再現すべく、資料写真を見ながらシートにPカッターで縦のラインを入れて立体感を出してみましたが、これだけだと、まだ平坦で味気ない感じでした。
 なので、その上にパテを盛ってさらに立体感を強調してみました。ラッカーパテ(左)とエポキシパテ(中)の二つでやってみたのですが、エポキシパテの方がいい感じみたい。

シトロエンDS21デカポタブル_シート

↑ ということで、ラッカーパテのところは削り落として、タミヤのエポキシパテを前後のシートに盛っていきました。張りのある革シートの感じを出したかったので、エポキシパテを細い棒状にして、それぞれ貼りこんでいきました。

シトロエンDS21デカポタブル_シート

↑ ふぅー、やっと終わったぁ...。
 エポキシパテはあまり使ったことがないので、これだけですが、かなり苦労しました。奥まったところなどをきれいに成形するのは難しくて、なかなかうまくいきませんでした。

 とは言っても、実はここからがまた大変でした...。

シトロエンDS21デカポタブル_シート

↑ そのあとは、ホワイトパテ、光硬化パテ、溶きパテなどを使って、あっちを埋め、こっちを削りを繰り返して地道に整えていきました。何度かサフを吹き、最後にホワイトサフを吹いて... 

シトロエンDS21デカポタブル_シート

↑ どうかな!?
 風合いを出すことを狙って、あまり整えすぎないようにはしました。
 ...うーん、でも、けっこう時間がかかったわりにはイマイチな仕上がりか!?
 もっと楽でいい方法はなかったのかな~?

            

 エポキシパテは、削って整形していくことが前提のポリパテとは考え方が違うので、なかなかうまくいきませんでした。結局、硬化前にどれだけ作りこんでいけるかということだと思うのですが、整形している最中に他のところを押しつぶしてしまってグチャグチャになり、投げ出しそうになったりしました。硬化する前に作業を終わらせないといけないという焦りもでてくるんですよねー。

 だけど、エポキシパテは気泡が少ないしヒケもあまり無いので、慣れればかなりいい素材ですよね。ポリパテとかラッカーパテの方が手軽なのでそっちを使いがちだけれど、今後はエポキシパテもどんどん使っていこうかな。

            

 シートはこのあと赤を吹く予定です。
 今回はここまで!
 
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

どうも~
確かにエポキシパテのほうが良いという工作もあれば難しいというのもありますよね・・。
シートの感じ凄く良いと思います・・アイデアですな・・勉強になります。

  • 2017/05/08(月) 16:10:54 |
  • URL |
  • 黒幕ぬぽ #-
  • [ 編集 ]

黒幕ぬぽさん、コメントありがとうございます!
エポキシパテ、使いこなせたら色んなことが出来そうですよね。
シートはかなり時間がかかってしまいました。まあまあ雰囲気は出た気がしています!
i-274

  • 2017/05/09(火) 19:11:48 |
  • URL |
  • 七力夕二 (ななりき ゆうじ) #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/233-5a2eb83c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ