燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

ホンダ プレリュード(フジミ) 【目次ング!!!】

フジミのホンダ プレリュードが完成したので、製作記の目次を作りました。
ここを起点にして見て頂けると、時系列順に見やすいと思います!

□ ホンダ プレリュード製作記 目次 □

その1【次はこれを作ろうング!!!】
その2【仮組みング!!!】
その3【シャシーを組み立てング!!!】
その4【ボディの修正ング!!!】
その5【赤の染み出し怖いング!!!】
その6【いよいよウレタンクリアング!!!】
その7【ホイールをちょっと改造ング!!!】
その8【内装の仕上げング!!!】
その9【やっと研ぎ出しング!!!】
その10【最後の仕上げング!!!】
その11【完成写真ング!!!】

Prelude_箱絵
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ホンダ プレリュード(フジミ) その11【完成写真ング!!!】

実車発売当時から作ろうと思っていた3代目プレリュードが完成しました!!!

その完成写真です!

プレリュード_完成
プレリュード_完成
(拡大します)

製作記の初めにも書きましたが、後ろ姿が写っている発売当時のチラシを再現すべく製作しました。
今までに何度もキットの箱を開けて、作り始めようと手を動かしたのですが、好きなクルマだけに中途半端な気持ちでは作れないと思いとどまっていました。
というか、プラ成形色の赤色が染み出すのが怖くて腰が引けていたんだと思います。

プレリュード_完成
プレリュード_完成

なので今回は万全の対策をして取り組んだので、染み出しは起こらずに出来上がってくれました。
それは本当にホッとしています。

プレリュード_完成
プレリュード_完成

ナンバープレートは、わざわざ横長の欧州式に作り直したのですが、こっちの方が似合っているので、やっぱり作り直して良かったと思います。

プレリュード_完成
プレリュード_完成

リトラクタブルヘッドライトは閉じた状態で固定にしてしまいました。エンジンもないので完成写真を撮っていると動きがなく単調で、写真選びにはちょっと苦労しました。
"4WS"の動きが分かるように後輪を曲げた写真も撮ったのですが、分かりますか?

プレリュード_完成
プレリュード_完成

今回は大きな改造もなく色合いも微妙で、地味な仕上がりになってしまったと感じていますが、まあこんなもんでしょう。
HPにも完成写真をまとめているので、そちらもご覧ください。

次は派手なものを作りますよ!!!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ホンダ プレリュード(フジミ) その10【最後の仕上げング!!!】

研ぎ出しが終わったので、あとは仕上げて行くのみです!!!

前にもお見せしましたが、このキットを作るきっかけがこのチラシです。↓

Prelude_チラシ

今回はこのチラシをイメージして作成していったので、リアランプ周りは手を抜けませんでした。

プレリュード_リアランプカバー
プレリュード_リアランプカバー

じっくりとマスキングをして塗り分けました。
外側からクリアレッドとクリアオレンジを吹いて、デカールを貼ったあとにクリアコートもしています。
境目にはスミ入れもしましたよ。

プレリュード_リアランプ内側

リアランプの内側の反射板部分には「ラピー」を貼りました。

ラピー

「ラピー」は、コシがある(厚みがある)ので使用箇所は限られますが、コストパフォーマンスが高くて気軽にミラー調の表現が出来るので重宝しています。

そしてもう一個、最近のミラー調マテリアルのエースといえばこれでしょう。↓

ミラーフィニッシュ

ハセガワの「ミラーフィニッシュ」です!
価格が高いのが難点だけれど、薄さ・伸び・輝きに関しては現在ナンバーワンでしょう!
今回はサイドモールのメッキ部分の表現に使いました。
カッターで細切りにしたものを貼り付けていきましたよ。

プレリュード_サイドモール

ミラーフィニッシュの使い方のコツとしては、
・薄いために下地の凹凸に影響されるので、下地は平滑にしておく。
・伸びがいいので、つい引っ張りがちに貼ってしまうけれど、伸ばしたところはそのぶん横方向が縮んでしまうし輝きも落ちるので、なるたけ伸ばさないで貼った方がいい。
といったところでしょうか。

プレリュード_サイドモール

他にもやり方があると思うのですが、今回のように真っ直ぐな細い線の場合には「ミラーフィニッシュ」がピッタリです。
マスキングをしての塗装だと、どうしてもここまでピシッと直線を出すのは難しいですからね。
「メタルック」だと、ちぎれやすいので細切りにしたものを貼るというのは大変でしょう。
さっき出てきた「ラピー」は、曲面へのなじみと粘着性に不安があります。

...というわけで、ボディとウィンドウ、内装、シャシーを合体させたら完成です!

プレリュード_仮完成写真
プレリュード_仮完成写真

一応、完成したんですが、どうもこの日本式のナンバープレートに違和感を感じてしまって納得できませんでした。
なので、このあとナンバープレートを横長の欧州式のものに作り直して、本当の完成です。

次回は完成写真ですよ!!!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ホンダ プレリュード(フジミ) その9【やっと研ぎ出しング!!!】

ウレタンクリアがカチカチに硬化したので、研ぎ出しをしていきました!

まずは、段差を消すために#2000のペーパーで全体がつや消しになるまで磨きました。
ペーパーが目詰まりしないよう、台所用洗剤を混ぜた水につけながら磨きました。

プレリュード_ペーパーがけ

つや消しになっているんですが、この写真だと分からないですね。
アップにすると...

プレリュード_ペーパーがけ

これでも分かりづらいですね。;
まあいいや。

...で、このあと、
「バフレックス」→「システムコンパウンド Step1」→「〃 Step2」→「〃 Step3」
の順で磨いていきました。
それぞれの工程に1.5時間くらいかかりました。

プレリュード_コンパウンド後
プレリュード_コンパウンド後

↑ちゃんと磨いたんだけれど、やっぱりこのボディ色では変化が分かりにくいですね。
うーん、仕方ないか。

窓枠とサイドモールは半ツヤにしたいので、このあとそれぞれマスキングをして半ツヤにしました。

プレリュード_窓枠のマスキング

使ったのは、クレオスの「スーパークリアー半光沢」と「スーパークリアーつや消し」です。↓

スーパークリアー半光沢、つや消し

これを1:1で混ぜたものを吹きました。「~半光沢」だけだとつや消し具合が物足りなくて、「~つや消し」だけだとやりすぎな感じになるので、合わせたものを吹いています。

吹き終わったらこんな感じ。↓

プレリュード_窓枠つや消し

Bピラーはツヤありのまま残しています。

予感はしていたけれど、なんかやっぱり地味な仕上がりになりそうですね...。

だけどここまで来たら、あともうちょっとです!!!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ホンダ プレリュード(フジミ) その8【内装の仕上げング!!!】

幕張で明日から始まる「東京オートサロン2014」に行こうかどうか迷っています。
カスタムカーのお祭りだからノーマルカー好きの私とはジャンルが違うんだけれど、カラーリングなどプラモ作りのヒントになるものもあるし、たくさんクルマがあるだけでテンションが上がるですよね!
ホンダのカバーが掛かっている車両が気になるなー。(って、大体分かるけどね。)

さて、今回は内装を仕上げていきましたよ!

まずはシートです。

プレリュード_シート裏側

ご覧の通り、フロントシートの裏側はスカスカなので、プラ板とパテで埋めました。↓

プレリュード_シート修正後

...そして、内装はいきなり出来上がっちゃいました!

プレリュード_内装完成
プレリュード_内装完成

シートベルトのバックルは、プラ棒を刻んだものにハセガワの『赤色フィニッシュ』を貼ったものです。
よく見えないけれど、センターコンソールはケガキ針で削って、白い文字を表現しました。HS250hでやったのと同じ方法です。

あとは意外と時間がかかるのは、窓のクリアパーツの塗り分けです。

プレリュード_ウィンドウ_クリアグリーン

まずは、内側にクレオスのGXクリアグリーンとGXクリアブラウンを1:1で合わせたものを薄く吹いて、色付きガラスを表現しました。
大きなホコリも入らず、きれいに染まったと思います。
ブロンズガラス風にしたかったのだけれど、グリーンの方が強かったみたいですね。

で、面倒なのが内側部分、黒の塗り分けです。
最近のキットではこの面倒な作業を一発で解決するマスキングシートが付属していることがありますが、このキットは古いものなのでそんなものはありません。まあ仕方ないです。

プレリュード_ウィンドウ_マスキング[1]

いろいろやり方はあると思うのですが、今回は、

 [1] 縦方向
 [2] 横方向
 [3] 四隅のカド

の順でマスキングして塗り分けることにしました。

プレリュード_ウィンドウ_マスキング[3]

[1]、[2]が終わって、[3]の作業ですが、四隅が自然につながるよう、こんな感じで丸く切り抜いたマスキングテープを四隅のカドに貼っていきました。
このマスキングテープを切り出すために、たくさんの種類のポンチを用意しています。

ハトメヌキ

ご覧の通り、商品名は『ハトメヌキ』というみたいですね。0.5mmおきのサイズで用意してあります。実はこれだけではなくて東急ハンズで売っていたやつは全種類買ってあります。

でも今は便利なものも売っていて、今回はこれを主に使いました。↓

Mr.マスキングシート

クレオスの『Mr.マスキングシート』という商品です。今回初めて使ってみました。
「こんなもん、ポンチがあるからいらねぇ」と思っていたのですが、きれいにカットされているのでけっこう便利に使えました。
サイズが限られているので、どっちも併用していけばいいと思います。

あとは、もちろん残りの部分をマスキングしていきます。↓

プレリュード_ウィンドウ_マスキング[3]

いやー、やっぱりキットにマスキングシートが付属していればこんなに手間をかけなくても済むんですがねー。
今回はそれほど複雑な曲線はなかったのでこのやり方で処理しました。まあこれも黄金の経験(?)ですね。

他のやり方としては、水性ペンでラインをなぞってマスキングシートを作ってしまう方法もあるのですが、それもけっこう手間と時間がかかるんですよね。

ここの吹き方のポイントとしては、一度にドバッと吹いてしまうとマスキングテープとの境目に塗料が入り込んでラインがガタガタになってしまうので、薄く何度か塗り重ねた方がいいみたいです。最初にクリアーを吹いて境目を塞いでしまうというやり方もどっかで見ました。なるほどー。

...というわけで、だいぶ進んできましたね!
ウレタンクリアもバッチリ硬化したので、次回は研ぎ出しが出来るかな!!!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ