燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

日産 トラッド・サニー(アオシマ 70カローラ改造) 第一話【これは魔改造か?】

 次に作るのは、日産のトラッド・サニーです!

トラッド・サニー

↑ B12型系 6代目サニー、いわゆる「トラッド・サニー」ですね。このクルマがよく走っていた当時は何とも思わなかったのですが、時が経つとともに、『実はカッコよかったんじゃないか?』と考えが変わっていきました。

トラッド・サニー_新型サニーのすべて
トラッド・サニー_新型サニーのすべて

↑ こちらが資料の「モーターファン別冊 新型サニーのすべて」です。復刻印刷版ということで、当時の本をスキャンして印刷されたものです。

トラッド・サニー_新型サニーのすべて

↑ モデルの女性のファッションが時代を感じさせます...。


       


 でもこれの1/24スケールのプラモは発売されていないんですよねー。というわけで...

トラッド・サニー_カローラ箱絵

↑ アオシマのキット「KE70 カローラセダン DX 前期型」を改造して作ることにしました!

 あるとき、この箱絵を眺めていたら、『あれっ、これとトラッド・サニーって、そっくりなんじゃないの!?』と思い付いたことがきっかけで、やっちゃうことにしました。

トラッド・サニー_パーツ全体

↑ 元になるカローラのパーツはこんな感じです。このキットって、イマイの「トヨタ・カローラ1600GT(後期型)」の金型を引き継いだアオシマが、ヘッドランプやバンパーなどの新規パーツを追加して前期型として発売したものなんですよね。モーターライズの痕跡が残っていたり、ボディーのエンブレムを削り取るための紙ヤスリが入っていたりと、なかなか興味深いキットです。

トラッド・サニー_ボディー

↑ ボディーはこんな感じです。肉厚でカッチリしているのが好印象かな。

 で、トラッド・サニーと同じ角目2灯の後期型の部品もそのまま付属していたので、それを元にまずは仮組みしてみました。

トラッド・サニー_仮組み
トラッド・サニー_仮組み

↑ あれっ?、やばい!
 思ったほどトラッド・サニーに似てないか?...。


       


 いつかトラッド・サニーを作りたいなぁと、ずっと心の隅で考えていたので、今回のアイデアが浮かびました。でもいままで、ちょっと仕様を変えるくらいの改造はやったことがありましたが、

 トヨタ カローラ → 日産 サニー 

 っていう、車種もメーカーも変えてしまうような大改造はやったことがありません。なので、細かいところを気にしていたらきりがないので、まずは完成(成立)させることを第一として進めることにします。

 まあでも、完成しなくてもええねんで。でもホンマはあかんねんで! 


       


 ...さて、このあとどうなるのかな!?
 
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

押し入れのプラモ、全部作り終わるときには100歳超えてるな。

押し入れのプラモ、全部作り終わるときには100歳超えてるな。
【クルマプラモあるある】


押し入れのプラモ、全部作り終わるときには100歳超えてるな。

 このペースだと、いつ作り終わるんだろう...?
 まだ作ってないやつがたくさんあるのに、また買っちゃった...。
 

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

ホンダ CR-X(タミヤ) 【目次ですねぇ!】

 タミヤのCR-Xが完成したので、製作記の目次を作りました。
 ここを起点にして見て頂けると、時系列順に見やすいと思います!

□ ホンダ CR-X 製作記 目次 □

その1【次はこれですねぇ!】
その2【パワーバルジの作成ですねぇ!】
その3【ボディーの続きですねぇ!】
その4【ツートン塗装ですねぇ!】
その5【ホワイトデカールの作成ですねぇ!】
その6【シャシーとホイールですねぇ!】
その7【内装ですねぇ!①】
その8【内装ですねぇ!②】
その9【研ぎ出し→完成直前ですねぇ!】
その10【完成写真ですねぇ!】

 パワーバルジを追加して、『Si』に改造しましたよ!

CR-X_目次

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ホンダ CR-X(タミヤ) その10【完成写真ですねぇ!】

 意外と時間がかかっちゃいましたが、タミヤのホンダCR-Xが完成したので、完成写真です!

CR-X_完成写真
CR-X_完成写真
(拡大します)

 今回はキットの『1.5i』から『Si』仕様に改造しました。1984年11月に登場した『Si』は、1.6LのDOHCエンジンが搭載され、ボンネットのパワーバルジが特徴です。

 そのパワーバルジは、現物合わせでプラ板を貼ったものですが、違和感なくつながってくれました。

CR-X_完成写真
CR-X_完成写真

 1.5iではボディー周囲のラインは赤色なのですが、Siでは黒色になります。これはハセガワのつや消し黒フィニッシュを細切りにしたものを貼りました。

 ツートンカラーの下側はガンメタなのですが、これはちょっと明るすぎたみたいで、もっと暗めの方がよかったかも。自作したホワイトデカールがよく見えないですね...。まあ、これは次回以降への伸びシロですねー。

 そのホワイトデカールはアルプスのMDプリンターで印刷したものです。MDプリンターの性能を見くびっていたのですが、意外と細かい文字も印刷できるんですね。今後も活躍してもらいたいそのMDプリンターですが、ディスコンになってしまったのは残念です。

CR-X_完成写真
CR-X_完成写真

 いつも手を抜きがちな内装ですが、今回はちょっと凝ってみました。シートはマスキングを繰り返して、オレンジのグラデーションを再現しました。

 外側に開くサンルーフは、完成後にもパカパカ開くことが出来るので、完成写真に変化を出すことが出来ました。でもそのままだと厚みがあってルーフと高さが揃わないので、裏側から薄く削っています。

CR-X_完成写真
CR-X_完成写真

 前後の「H」マークは、社外品のデカールを貼りました。

 ホコリ取り用の穴をシャシー裏側から助手席足元まで開けたのですが、今回は開閉するサンルーフがあったので無意味でした...。でもいいアイデアだと思うので、今後もやっていきたいです。 

CR-X_完成写真
CR-X_完成写真

 キットの出来がよかったので、今回はいろいろと細かい工作をする余裕がありました。
 HPにも完成写真を載せましたので、そちらもご覧ください。

       

 次は、ちょっとひねった物に挑戦する予定です。
 それではまた。グラッチェ!
 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ホンダ CR-X(タミヤ) その9【研ぎ出し→完成直前ですねぇ!】

 内装部品をコチョコチョ作っている間にボディーのウレタンクリアは完全に硬化したので、今回は研ぎ出しです!

CR-X_研ぎ出し

↑ まずはボディー全体にペーパーがけ。#2000のペーパーを使いました。

CR-X_研ぎ出し

↑ 研ぎ出しおしまい!
 #2000ペーパーのあとは、「バフレックス」→「システムコンパウンド Step1」→「〃 Step2」→「〃 Step3」で仕上げました。
 リアのコンビネーションランプも違和感なく仕上がりました。

CR-X_研ぎ出し

↑ 下地を出さないように慎重に...ってやっていたのに、やっちまった!
 ...でもちょうど黒いラインンが入る箇所だったので問題なし。あぶねぇ、あぶねぇ。

CR-X_ボディー

↑ 裏側(室内側)にはつや消しブラックを吹きました。

CR-X_ボディー

↑ 窓枠にはつや消しクリアーを吹いて、前後のランプ部分にはメッキシルバーNEXTを吹きましたよ。

CR-X_黒いライン

↑ ボディーの周囲の黒いラインを入れました!
 これが入ると引き締まって、らしく見えてきました。
 その黒いラインは、ハセガワの「つや消し黒フィニッシュ」を細切りにしたものです。シャープに仕上がってくれたかな。でも近くでよく見るとシワが入っていたりして、100点満点ではないけどね。

 あとは細かい部品です。

CR-X_ワイパー

↑ ワイパーはアーム部分はキットもので、ブレード部分は社外品のエッチングパーツに置き換えました。でも、なーんか違和感あり?

CR-X_アンテナ

↑ こちらはアンテナの部品です。プラ棒を適当な大きさに整形して、リベットヘッドをくっつけました。


 ...あとは組み立てです!

CR-X_ボディー裏側

↑ ウィンドウのクリアパーツをボディーに接着して、さらに自作した内装部品を接着しました。ドアミラー調整棒(?)も取り付けましたよ。

CR-X_ボディーと内装とシャシーを合体

↑ そしたらボディーと内装とシャシーを合体!
 ドアミラーやワイパーなどを接着すればいよいよ完成です。

       

 今注目している番組はTBSの「クレイジージャーニー」です。インパクトが強くて、まさにカルチャーショック。「アメトーーク!」と「ヨソで言わんとい亭」の裏番組なのでトリプル録画(!)しています。
 「さんまのお笑い向上委員会」は、ずんが覚醒してますね!

       

 次回は完成写真です!
 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ