FC2ブログ

燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

スバル アルシオーネ(タミヤ) その3【後戻り不可!】

 今回はボディの続きです!

スバル_アルシオーネ_サフ

↑ 前後にパテを盛ったりして後期型に改造したボディに1回目のサフを吹きました!

スバル_アルシオーネ_サフ

↑ たくさん見つかったキズやら、やり残し部分は地道に修正していきましたよ。

スバル_アルシオーネ_目隠し追加

↑ あとまだやっていなかった、ホイルアーチ内側にプラ板で目隠しを追加しました。
 ボディ下側がかなり絞り込まれているので、目隠しも大きくなりました。

スバル_アルシオーネ_黒サフ

↑ そしたら、2回目のサフを吹いて、全体をスポンジヤスリで整えました!
 今回のボディ色は黒にするので、黒サフ(Mr.フィニッシング サーフェイサー1500 ブラック)を使いましたよ。

スバル_アルシオーネ_黒本番

↑ 続いて、「ジュンコシマダ仕様」ということで、ボディ色の黒を吹きました!
 使ったのはガイアのEx-ブラックです。

スバル_アルシオーネ_デカール自作

↑ 前後とも六連星のスバルマークは削り落としてしまったし、グレードを表わすステッカーも違っているので、デカールを作成しました!
 銀と白の印刷のため、製造中止になったアルプスのMDプリンターと、それを動かすためのWindowsXPのPCを押し入れから引っ張り出して一日がかりで印刷しましたよ。「大きさ」や「かすれ」などがあるので、数パターン印刷して、具合のよさそうなやつを使うようにしています。
 一番下のやつはナンバープレートで、こちらは黒だけなのでレーザープリンターで印刷しています。

スバル_アルシオーネ_自作デカール

↑ そしたら、リアには先程のデカールを貼りました!

スバル_アルシオーネ_クリアオレンジ

↑ サイドマーカーなど、クリアパーツではなくモールドで再現されている部分は、シルバーを吹いた後にクリアオレンジを吹きましたよ。

スバル_アルシオーネ_ウレタンクリア

↑ ふぅーっと深呼吸をしてから、ウレタンクリアを吹きました!
 ウレタンクリアを吹いちゃうと、もう後戻りができないので、いつもドキドキする工程です。やり残していることはないかな?大丈夫!? 

                  

 今作っているのは『ジュンコシマダ仕様』ですが、同じく1987年の東京モーターショーに出品された、ファッションデザイナー小西良幸(ドン小西)がデザインした『ALCYONE FICCE SPECIAL』というのもあったみたい。こちらはなんと電動オープントップ(!)。それを作ってもよかったかな!? 

                  

 なんつって、今回はここまで!
 
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

スバル アルシオーネ(タミヤ) その2【前期型→後期型!】

 アルシオーネ、まずはボディから取り掛かります!

 『ジュンコシマダ仕様』にするにあたって、改造するのはシートだけかなと思っていたけれど、実はそうではありませんでした。キットは前期型だけど、『ジュンコシマダ仕様』は後期型だったようなので、後期型への改造が必要です。

スバル_アルシオーネ_リア

↑ まずは改造が簡単そうなリアから。
 キット(前期型)のリア部分はこんな感じでした。
 ナンバープレートが入る部分は欧州型のナンバープレートが収まるくらいに横方向に広くなっています。

スバル_アルシオーネ_実車

↑ で、こちらが実車(後期型)のリア部分です。この写真は、この間のノスタルジック2デイズで撮ってきたものです。
 ナンバープレートが入る奥まった部分は、ナンバープレートの幅ギリギリになっています。
 また、バンパーにあったバックランプは、後期型ではリアコンビネーションランプに移動したみたいですね。

スバル_アルシオーネ_リア修正

↑ ということで、そのナンバープレート部分などはプラ板・プラ棒で大まかに埋めて、瞬間クリアパテR、ポリパテでそのスキマを埋めました。跡が残らないようにきれいに仕上げたいですねー。
 リアの中央にあったスバルのエンブレムは削り落としてしまいましたよ。こちらはデカールを作って貼る予定。

スバル_アルシオーネ_フロント

↑ そしてフロントですが、キット(前期型)はこんな感じでした。
 ナンバープレートはバンパーの上側に付けるようになっています。

スバル_アルシオーネ_実車

↑ で、こちらが実車(後期型)のフロント部分です。
 ナンバープレートの位置が下側になっていて、左右にフォグランプが付いています。
 その下側も、少し前方に伸びているようです。
 上側もいくらか形状が違っているみたい。

スバル_アルシオーネ_フロント修正

↑ なので、フロントの修正は意外と大変!
 フォグランプが入るスペースを作るだけなのかと思ったら、それだけではダメで、後期型ではバンパーの下の角度が違う(前方向に膨らんでいる)ので、この部分はポリパテを盛って、形状を作っていきましたよ。

スバル_アルシオーネ_フロント修正

↑ いろいろやって...

スバル_アルシオーネ_フロント修正

↑ まあ、こんなもんかな!?
 
 この部分、あとさき考えずに盛ったり削ったりしていったので、最終的な左右のバランスとかを調整するのに時間がかかってしまいました。あと、奥まった部分をきれいに(滑らかに)するのは難しいですねー。

            

 この『ジュンコシマダ仕様』の詳細が知りたくて、いろいろネットで探してみたのですが、発売されていないショーカーということで、あまり情報は見つかりませんでした。でもまあ、細かい情報がありすぎると再現箇所が多くなって進まなくなっちゃうんですけどねー。

            

 ということで、今回はここまで!
 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

スバル アルシオーネ(タミヤ) その1【コシノじゃないよ!】

 前回のパルサーに力を使い果たして、しばらくグッタリしていましたが、次に作るやつが決まりました!

スバル_アルシオーネ_箱絵

↑ タミヤの「スバル アルシオーネ」(初代)です!
 キットは、昨年久しぶりに再販されたものです。だけど、一部ではもうお宝価格になっているみたい。だったら、もっとたくさん生産すればよかったのにねー。

スバル_アルシオーネ_80年代国産車のすべて

↑ で、どういうふうに作ろうかなぁと、手持ちの資料をいろいろ探していたら、『80年代国産車のすべて』という雑誌に...

スバル_アルシオーネ_80年代国産車のすべて

↑ このアルシオーネの記事がありました。
 記事では「Cd:0.29 飛行機屋の意地を見せたエアロ4WDクーペ」、「早すぎたクロスオーバー」なんて感じでまとめられていましたよ。
 で、その記事の片隅に...

スバル_アルシオーネ_80年代国産車のすべて

↑ 『東京モーターショー参考出品車 ジュンコシマダ仕様』というものがありました!
 ブラックのボディカラーに、クラシカルな真紅の本革シート!
 雑誌「流行通信」が企画し、ファッションデザイナーの島田順子が手掛けたというこのクルマ。ネットで調べてみると1987年(昭和62年)の東京モーターショーに出品されたもので、販売はされなかったみたいです。でもこれは、スバルらしからぬゴージャスさで、なかなか面白いんじゃないでしょうか。
 
 ...よし、この仕様で作ることにしましょう!!

スバル_アルシオーネ_パーツ

↑ さっそく箱を開けてみました!
 まずこちらは、ボディ、クリアパーツ、ホイール・タイヤなど。
 車軸は前後とも金属シャフトで左右を繋げるタイプになっています。
 リトラクタブルヘッドライトは可動するようになっているけれど、閉じた状態で固定しちゃう予定です。

スバル_アルシオーネ_パーツ

↑ 続いて、下回りと内装です。
 金属シャフトタイプなので下回りはシンプル。
 内装はバスタブ型で、左ハンドルも選べますが、こちらもシンプルな作りです。

スバル_アルシオーネ_デカール

↑ あとはデカールです。
 ボディ前後にある六連星のエンブレムはボディ側にモールドされているので、デカールにはありません。

 ...キット内容は以上で、すごくあっさりとした構成!

スバル_アルシオーネ_仮組み
スバル_アルシオーネ_仮組み

↑ そしたら仮組み!
 複雑なものは何もないので、すぐに組み上げることができましたよ。
 合わせとかで、おかしなところは特になし!
 実車の車高はこんな感じでちょっと高めでしたが、少し落としたほうがカッコいいかも。
 左右のウィンドウ部分に残っているランナーは、切り取ってしまうと強度が落ちそうなので、ギリギリまでそのままにしておきましょう。以前、初代NSXを作ったときに、細いAピラーが折れてしまったことがあるので。

            

 今回作る『ジュンコ シマダ仕様』ですが、同じ『ジュンコ』でも、ブルゾンちえみとCMで共演している『ジュンコ コシノ』とは別人だから気をつけてね!(私もしばらく勘違いしていました)
 なんか紛らわしいよねー。(って失礼か!?)

            

 ということで、今回はここまで!
 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

仮組みの時は4点接地してたんだよ。

仮組みの時は4点接地してたんだよ。
【クルマプラモあるある】

仮組みの時は4点接地してたんだよ。

色々やって最後に組み合わせたら、なぜか3点設置でグラグラ...。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用