FC2ブログ

燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

スバル アルシオーネ(タミヤ) その7【完成写真!】

 タミヤのアルシオーネ、完成写真です!



(拡大します)

 今回は、「スバル アルシオーネ」を「ジュンコシマダ仕様」で作成しました。そんなショーカーがあったと資料の片隅に小さく載っていた記事を見つけて作り出すことに。

 黒く塗って、内装を少し変えれば出来上がり!?と思っていたのですが、実はそれだけではありませんでした。実車は1987年7月にマイナーチェンジで後期型になっており、このジュンコシマダ仕様も後期型だったようなので、前期型のキットを後期型に地味に改造しています。
 フロントではグリルの形状を少し変更し、スポイラーにはポリパテを盛り付けて、フォグランプを追加しました。
 リアはコンビネーションランプ部に移ったバンパーのバックランプ部を埋め、ナンバープレートが入る部分の幅を狭くしました。




 ソファーのような革張りシートですが、こちらはキットのシートにタミヤのエポキシパテを盛って作っていきました。とりあえず作ってみたやつはいまいちだったので、削り落としてもう一度エポキシパテを盛って作り直しました。ウィンドウが大きいクルマだから室内が意外とよく見えるので、やり直してよかったみたい。




 キットでは前後のスバルのマークはボディにモールドされていたのですが、それを塗り分けるのは大変そうだったので、MDプリンターで印刷した自作デカールに置き換えました。リアの白いステッカーも同じくMDプリンターです。
 でも実車のリアはグレード名などのステッカーは無くて、スバルのマークだけだったとのこと。これは当時の実車を見た方からコメントを頂いて判明したのですが、もう後の祭り...。作る前にネットを探したけれど、リアの写真が見つからなかったから想像でやっちゃったんですが、まあいいや。何もないと寂しいし、ってことで。
 合わせて、ランプ類はスモーク処理されていたとのことですが、こちらもスルーしちゃいました。全部暗くしちゃうとプラモ映えしないような気もしたし...。




 リトラクタブルヘッドライトは可動するようになっていましたが、閉じた状態で固定しちゃいました。

 スバルのマークが入ったホイールキャップは、プラ板を丸く切り出して作成。車高は1ミリくらい落としています。前後とも金属シャフトで左右を繋げるタイプの車軸だったので加工は簡単でした。前輪が首振りしないのは寂しいけれど。




 なんか、もうちょっとやりようがあったかなぁと思える箇所も多々あるのですが、それは毎度のことなので仕方なし!

 HPにも完成写真を載せましたので、そちらもご覧ください。
 それではまた!
 
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

スバル アルシオーネ(タミヤ) その6【完成直前!】

 『ジュンコシマダ仕様』のアルシオーネはラストスパート、完成直前まで一気に行きます!

スバル_アルシオーネ_ウィンドウ

↑ ウィンドウのクリアパーツは、ちょっとゆがんでいる気がしたので磨き直すことにしました。
 リアの熱線のモールドがあるところは磨けないので、そこはマスキングをしてから全体がすりガラス状になるまで2000番のペーパーで磨いて...

スバル_アルシオーネ_ウィンドウ

↑ コンパウンドで磨いてきれいになりました!
 ゆがみは取れたのかな!?

スバル_アルシオーネ_ウィンドウ

↑ そしたらこんなふうにマスキング。
 キットにはマスキングシールが付いていなかったので、マスキングはかなり面倒でした。塗り分け部分を水性ペンでなぞった上にマスキングテープを貼ってそれを写し取り、カッティングマットに貼り直してからそれを切り抜いて同じところに貼り直す、みたいな感じ。(分かりづらい!?)
 これって結構な手間だから、再販キットにマスキングシールが追加されていると凄く嬉しいんですよねー。

スバル_アルシオーネ_ウィンドウ

↑ セミグロスブラックを吹いて塗り分け完了!
 なんだか曲がっちゃったところもある気がするけれど、まあいいや。

スバル_アルシオーネ_バックミラー

↑ バックミラーはこの時期のタミヤらしく(他のメーカーもそうだったかも)、そっけないT字型のものだったので、ステー部分を針金に置き換えてみました。

スバル_アルシオーネ_リアコンビネーションランプ

↑ リアのコンビネーションランプは表側からクリアレッドとクリアオレンジを吹いて塗り分け。後期型ではここにバックランプがあるので、忘れずにマスキングしてそれっぽくしておきました。「SUBARU」のロゴは自作デカールです。
 そして、奥行きが出なくなっちゃうけれど、裏側からシルバーを吹いてしまいました。

スバル_アルシオーネ_ボディ研ぎ出し

↑ ボディに吹いたウレタンクリアは十分に硬化したみたいなので、研ぎ出し開始!
 全体のツヤがなくなるまで2000番のペーパーで磨いていきました。

スバル_アルシオーネ_ボディ研ぎ出し

↑ バフレックス→システムコンパウンドStep1~3で磨いて研ぎ出し終了!
 ...でも、勢い余って下地を出してしまった箇所が多数あり。ムムム。
 黒の場合は研ぎ出しの効果が分かりやすいぶん、ついやりすぎちゃうんですよねー。っていうか、やらないと荒れたままになるので仕方ないんですが。

スバル_アルシオーネ_ボディ

↑ このあと、窓枠部分などにつや消しクリアを吹きました。
 下地を出してしまった部分はタッチアップしたので、ほぼ分からなくなってくれたみたい。ほっ。

スバル_アルシオーネ_完成直前

↑ いろいろやって、上下を合体!
 あとはドアミラー、リアワイパーなどを接着すれば完成ですね。

            

 今回はここまで。次回は完成写真です!
 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

スバル アルシオーネ(タミヤ) その5【真っ赤な革張りシート!】

 今回は『ジュンコシマダ仕様』最大のポイント、ソファーのようなシートに取り掛かります!
 (ちょと長いです。)

スバル_アルシオーネ_ジュンコシマダ仕様
(『80年代国産車のすべて』より)

↑ 『ジュンコシマダ仕様』のシートはこんな風に真っ赤な革張りになっています。スバル車らしからぬ感じで面白いですよねー。

スバル_アルシオーネ_キットの内装

↑ キットのパーツはこんな感じでした。まあ、もちろん普通のシートです。ヘッドレストは後期型では穴開きタイプになります。

スバル_アルシオーネ_エポキシパテを盛った

↑ ということで、シートにタミヤのエポキシパテを盛っていきました!
 DS21デカポタブルのときもシートの改造にはエポキシパテを使いました。

スバル_アルシオーネ_エポキシパテで整形

↑ 筆の後ろでつついてヘコみを作って、その間をスパチュラ(へら)でなぞる、みたいな感じで形を作っていきました!

スバル_アルシオーネ_ネイルアクセサリ

↑ 100均で買った、小さい粒状のネイルアクセサリを...

スバル_アルシオーネ_シート

↑ ヘコんだ部分にエポキシ接着剤でくっつけて、一丁上がり!

スバル_アルシオーネ_シート

↑ 白サフを吹いて...

スバル_アルシオーネ_シート

↑ 赤にするので、ベースのピンクを吹きました。


 どうでしょう?こんなもんかな...?


 ...う~ん、でもなんか違う!?



                  




スバル_アルシオーネ_シートやり直し

↑ とうことで、しばらく悩んでから、いったん削って、やり直し!
 けっこう時間をかけて作ったから、もうこのまま進めようかと思ったけれど、やっぱりなんか変だし、ここはこのクルマの最大の見せ所になりそうだったので、引き返すことにしました。

スバル_アルシオーネ__シートやり直し

↑ またエポキシパテを盛って、こうなりました!
 ヘコんだところの並べ方を変えたりしたのですが、前よりもこっちの方がそれっぽいでしょ!?
 2回目なので、1回目に比べたらだいぶ早くできましたよ。

スバル_アルシオーネ__シートやり直し

↑ またベースのピンクを吹いてから赤を吹いて....

スバル_アルシオーネ__内装完成
スバル_アルシオーネ__内装完成

↑ 内装が完成!
 どうでしょう、それっぽくなった?
 やっぱりシートはやり直してよかった気がします。


 最大の山場は越えられたので、あともうちょっと。
 今回はここまで!
 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

スバル アルシオーネ(タミヤ) その4【ホイールキャップ!】

 ボディに吹いたウレタンクリアが硬化するのを待つあいだ、その他のところを進めましょう。今回は足回りです!

スバル_アルシオーネ_ 

↑ いつものように、シャシーの中心部にディスプレイケース固定用のM4ナット(プラ製)を取り付けました。ナットは金属製のものよりも、プラ製のほうが吉。

スバル_アルシオーネ_シャシー

↑ 少し塗り分けをして、シャシーが完成!
 前後輪とも左右をシャフトで繋ぐだけなのでシンプルな作りですねー。
 完成後でも中のホコリが取れるように、助手席足元あたりに穴を開けておきました。通常は黒いスポンジでふさいでおきますよ。

スバル_アルシオーネ_ホイールキャップ
(『80年代国産車のすべて』より)

↑ さて、『ジュンコシマダ仕様』のホイールは専用の黒いホイールキャップが付くようです。ホイール全体をカバーして、中央にはスバルのマークがあるみたい。

スバル_アルシオーネ_ホイールキャップ

↑ ということで、0.5mm厚のプラ板を丸く切り出して、中央部が膨らんだ形のものを4つ作りました。電動ドリルに挟んで回転させて、荒目のペーパーで削って整形していきました。

スバル_アルシオーネ_ホイールキャップ

↑ ホイールキャップにあるミゾは、その大きさに切りだしたプラ板を瞬着で貼って、ケガキ針でスジ彫りを入れて再現しました。
 この写真ではちょっと分かりづらいかな...。

スバル_アルシオーネ_ホイールキャップ

↑ で、中心の穴をふさいでから黒を吹いて自作デカールを貼り、ウレタンクリアを吹きました!
 こちらはボディの塗装と一緒にやっていましたよ。
 あと、フロントのエンブレムも同じように作っておきました。

スバル_アルシオーネ_ホイールキャップ

↑ キットのホイールにかぶせたら出来上がり!
 どうでしょう、いいアクセントになってくれるかな!?


 今回はここまで。次回は赤い内装に取り掛かります!
 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用