燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

トヨタ86 (タミヤ) その9 ボディーの研ぎ出し

さあ、プロ野球も開幕しましたね。
野球が始まるとそっちに気を取られて、プラモ製作が進まないのがつらいところです。

さて、トヨタ86はボディーの研ぎ出しをしました。
まずは、タミヤのフィニッシングペーパー2000番で、ユズ肌のボディーを研いでいきます

トヨタ86_研ぎ出し 

全体がつや消しになるまで行います。
アップにするとこんな感じ。 ↓


トヨタ86_研ぎ出し 

やり過ぎるとクリア層を超して下地を出してしまうので加減が難しいところです。

そして、コンパウンドがけです。
その前にスジボリ堂の「バフレックス」で研ぎました。
コンパウンドは同じくスジボリ堂の「システムコンパウンド」(STEP1~STEP3)で磨きました。
そのコンパウンドがけには、今回初めて、また同じくスジボリ堂の「マイクロポリッシャー」というリューターに取り付けるスポンジを使ってみました。


トヨタ86_研ぎ出し 

以前から似たようなことは試したことがあって、そのときは軸の側面で磨いていましたが、なかなかうまく行きませんでした。
今回使った「マイクロポリッシャー」は軸の頂点を押しつけるような磨き方で、なるほどと思いました。

使用した感想ですが、あっという間に磨き終わるのでびっくりしました。ただ、今回はメタリックカラーで表面の状態がよく分からないため、評価は保留としておきます。
あと、コンパウンドをつけすぎると飛び散るので、最初は少なめで試した方がいいみたい。


トヨタ86_研ぎ出し 

今回はエッジを出すこともなく、仕上がりました。あまり追い込みすぎるとエッジを出してテンションがた落ちになるんですよね。

そして、ウレタンクリアの前にあらかじめ黒を吹いておいた窓枠にはマスキングをして、半ツヤのクリアーを吹きました。


トヨタ86_窓枠マスキング 

ボディーの裏側はセミグロスブラックを吹いて真っ黒にしてしまいます。弱めにゆっくり吹けばマスキングは不要です。


トヨタ86_ボディー裏側 

次回は小物を接着して、完成かな?

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/10-f97f503a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ