燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

ダッジ チャージャー(リンドバーグ) その8【エンジンとシャシーですね~!】

 エンジン部分は、作るかどうか迷ったのですが、ボンネットの合わせも悪くないし、資料写真が見つかったので作ることにしました。
 でもこの部分の組立図はかなりいい加減で、全然あてにならないので難儀しました。参考になる資料が少ない部分なので、こういうところこそ組立図が重要になると思うんですけどねぇ。

チャージャー_ラジエータ・リザーバ・タンク

↑ ラジエータ・リザーバ・タンク(?)はちょっと工夫してみました。元々はこんなパーツです。

チャージャー_ラジエータ・リザーバ・タンク

↑ 白色のパーツの裏側を、透けるくらいまでリューターで削って、クリアオレンジをたっぷり吹きました。 

チャージャー_ラジエータ・リザーバ・タンク

↑ 裏返すとこんな感じです!
 うっすらとオレンジが透けて見えて、色付きの液体が半透明の容器に入っているように見えませんか!? 
 外側から塗装して表現するのはちょっと難しいので、いいアイデアだったんじゃないかと、自画自賛(!)です。

チャージャー_ウォッシャー液の蓋_デカール

↑ ウォッシャー液の蓋には、そのマークが入るようなのでデカールを作成しましたよ。

チャージャー_エンジン
チャージャー_エンジン

↑ ...そして、エンジン部分の完成です!
 エンジンカバーには前々回スタンピングリーフで作成した、『HEMI』のシルバーデカールを貼りました。ダッジのマークなども自作デカールです。あとは真ちゅう線で配線らしきものを追加して、雰囲気を出してみました。このキットのエンジンは細かいところまで再現されているのですが、結局エンジンカバーをかぶせてしまうのでほとんど見えません。まあ、他のクルマも最近はそんな感じですけどね。
 でもいろいろと詰まっている感じは出ていると思うので、今回の出来にはほぼ満足です!

チャージャー_シャシー
チャージャー_シャシー

↑ シャシーはこんな感じに仕上がりました!
 パーツが細かく分割されていたのでマスキングしての塗り分けは不要で、その点は楽でした。立体感もあって悪くないと思います。
 国産プラモだったら組み立てやすさを優先して、シャシーは立体感を損なわない程度に部品点数を最小限にするところですよね。でもその代わりに塗り分けが面倒になるわけで、一長一短ですかね。

 

 おばちゃま、おばちゃまはね、今回のエンジンとシャシーもよかったけれど、次回のウレタンクリア硬化後の研ぎ出しはモアベターよ! 
 それではまた! 
 
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/100-64206e8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ