燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

レクサス LFA(タミヤ) その3【はじめはKGだ☆!】

 ちょっと前置きが長かったですが、今回は組み立てです!

 まずは全部を一度KGして、バランスの確認とか車高の調整が必要かどうかなどを見たいところなのですが...
 あっ、「KG」は「仮組み」のことですよ!うぃっしゅ☆!

LFA_部品がいっぱい

↑ 部品が多すぎるので諦めました...。
 特に足回りの部品が複雑で、「マスキングテープで仮止め」みたいなことはできませんでした。なのでとりあえずは個別に合わせていって、問題なければそれでよしとしました。

 というわけで、まずはボディーを進めます!

LFA_エアインテーク

↑ ボディーサイドのエアインテークは別パーツになっているので、はじめに接着しました。合わせ目にはポリパテを盛りました。

 LFA実車のドアとフェンダーの外板はガラス繊維樹脂(G-SMC)製で、肉厚3mmほどの軟らかいシート状の素材を金型の間に貼り合わせて加圧・加熱して成形されたものです。プラモと同じようにバリやパーティングラインが出来るので、そこは手作業でカットして全て研磨するらしいですよ。気泡はポリパテで埋めて研磨するんだって。「フューエルリッドの裏側のパーティングまで#400で水研ぎ研磨する執念...」(『クルマはかくして作られる4』より)って、スゲーなー!!!

LFA_足付け

↑ ボディーとエンジンフードはスポンジヤスリ(青)で全体を磨いて足付けをしました。スジボリはBMCタガネを使って深くしています。

LFA_サフ

↑ そして1回目のサフを吹きました!
 見つかったキズなど要修正の箇所に矢印を貼っています。やっぱりポリパテを盛った合わせ目の箇所が要修正ですね。逆に言えばそれ以外は問題ないってことかな。

LFA_固定用ナット
LFA_固定用ナット

↑ いつもはシャシーの中心部に一個、ディスプレイケース固定用のナットを埋め込んでいるのですが、今回はきっちり再現された2階建て式のトランクアクスルをぶった切るのは気が引けたので、中心部は諦めました。
 じゃあどこにしようかと悩んでいたら、左右シート下の位置に怪しいしるしを発見しました。どうもここがオフィシャルのナット固定位置みたいです。塗装済み完成品ではここを使うのでしょう。
 他にいい位置が見つからなかったので、今回はありがたくここを使わせてもらうことにして、透明プラ製のM4ナットを瞬着で固定しました。

LFA_リップスポイラー

↑ 社外品のレジン製リップスポイラーは、ボディーに合わせてみると小さかった(短い)ので、Mr.SSPを使って延長しました。
 あっ、「Mr.SSP」は「Mr.瞬間接着パテ」の正式略称ですよ!うぃっしゅ☆!
 SSPはレジンとの相性がいいみたいで、がっちりと一体化してくれました。

LFA_ホイール

↑ こちらも社外品のレジン製ホイールです。軸もレジン製のものが付いていたのですが、それをただ接着するとトレッドが広くなりすぎるし強度も心配だったので、2.0mm径の真ちゅう線を埋め込むように変えました。
 そのホイールはタイヤをはめるとスカスカのブカブカだったので、プラスチックテープを一周巻いて太らせて解消させました。リップスポイラーもそうだけど、レジンは数パーセント収縮するらしいので、サイズが違ってきちゃうんでしょうね。

LFA_足回り

↑ 足回りは別作業で進めていました。部品が多くて複雑な構造ですが、ズレなど無くきっちりかみ合いましたよ!

LFA_仮組み
LFA_仮組み

↑ そしてやっと全体のKG(仮組み)が出来ました!
 全体のバランスは何も問題ないと思います。
 足回りも悪くないので、車高の調整は不要みたいです。よかったよかった。
 社外品のレジンパーツも大丈夫そうですね。

 

 ...と、全体像が見えたところで、今回はここまで!
 次回は専用色のオレンジを吹けるかな!?
 
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/108-a8dcc887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ