燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

ホンダ CR-X(タミヤ) その2【パワーバルジの作成ですねぇ!】

 作るキットが決まったので、まずは箱を開けてみましょう!

CR-X_パーツ

↑ 元々小さいクルマですが、パーツも最小限で構成されていて、無駄なくコンパクトにまとまっています。
 外側にスライドするサンルーフが再現されているのがうれしいポイントです。

 当時としては十分な内容ですが、現在の視点で見るとディテールアップしたいところもいくつかあります。これ何か分かります?伸びシロですねー。

CR-X_仮組み
CR-X_仮組み

↑ で、さっそく仮組みしてみました!
 古いキットですが、パーツの合いなどは何も問題ありませんでした。
 いいねぇ。

 気になったのは、前後ともトレッドが広いということです。このままでは踏ん張りがききすぎて、カッコよすぎます。時代感を出したいので、ちょっと狭くしたいところです。
 あとは、開閉するサンルーフは厚みがありすぎて、ポッコリ飛び出してしまっているので、薄くしないといけないですね。

 では、ボディーの加工をしていきましょう。

CR-X_カウルトップパネル

↑ まず、ボンネットとカウルトップパネル(ワイパーの取り付け部)の間を削り込んで貫通させてしまいました。

CR-X_カウルトップパネル

↑ 裏側からプラ板で改めて塞いで...

CR-X_カウルトップパネル

↑ こんな感じになりました!
 元々は奥行きが無く、ただ繋がっていたので、スキマを作ったわけです。
(削り込む前の写真を撮っておけば良かったですね...。)


 次は、『Si』最大の特徴である、パワーバルジの作成です!

CR-X_パワーバルジ

↑ ボンネットにマスキングテープを貼って、位置と大きさを書き込みました。

CR-X_パワーバルジ

↑ 0.5mm + 0.3mm = 0.8mm厚のプラ板を切り出して、そこに乗せてみました。
 こんな感じでいいんじゃないかな?

CR-X_パワーバルジ

↑ そしたら接着して、周りをパテで埋めて...

CR-X_パワーバルジ

↑ ペーパーでならしたら一丁あがり!
 これでもう、誰がどう見ても『Si』になりましたね。(?)

 あっ、あと前後のホンダマークとウォッシャーノズルは研ぎ出しの邪魔になるので削り取ってしまいました。これらは、デカールと別パーツに置き換えます。 

 今回はここまで!
 
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/134-4e6ff18c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ