燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

ホンダ CR-X(タミヤ) その5【ホワイトデカールの作成ですねぇ!】

 ボディーはツートン塗装が終わったので、次はウレタンクリアーを吹いて...の前に、デカールを貼らないといけませんね。『Si』に改造したので、それに合わせて『DOHC』などのホワイトデカールを作りますよ!

CR-X_実車サイドのステッカー

↑ こちらは実車の写真です。黒いラインの下側に、『DOHC』、『PROGRAMMED FUEL INJECTION』と書かれた白いステッカーが貼られています。これを再現したいと思います。とは言っても、赤とか黒のものだったらカラーレーザープリンターですぐに作れるのですが、白だとそれでは作れません。

 というわけで...

CR-X_スタンピングリーフ_マット白

↑ これを使いたいと思います!
 『スタンピングリーフ マット白』です。
 以前、チャージャーを作った時に、これのシルバーを使ってシルバーデカールを作成しました。

CR-X_スタンピングリーフ_結果

↑ ...で、いろいろやって、結果はいまいち...。
 (やり方はチャージャーのときと同じです。)
 熱の加減が悪いのか、キッチリピッチリとはいきませんでした。チャージャーのシルバーデカールのときも歩留まりが悪かったけれど、今回はそれ以上に悪くて、なんだかなーって感じです...。

CR-X_MDプリンター

↑ ということで、「アルプス MDプリンター」の登場です!
 これを持っているなら最初からこれを使えよ、って話ですね。
 ずっと前に買ったのですが、使ってみたら細かいところは不得意な感じだったので、押し入れ奥にずっとしまっていたんですよねー。

CR-X_ホワイトデカール完成

↑ そして、MDプリンターで印刷したのがこちら!
 おおおっ、すげー、細かい文字もきれいに印刷できています!
 なーんだよ、最初からこっちでやればよかったよー。スタンピングリーフは意味なかったなー。まあいいかっ。まっこれは伸びシロですねー。

 例によってExcelで作図して、それをPDFにしたものを印刷したのですが、データは原寸で作るのではなく大きめに作って縮小印刷する方がいいみたいです。

 でも、今使っているPCでMDプリンターを動くようにするまでは、OSをアップグレードしてXPモードで動くようにしたりして、結構大変でした。(Windows7の64bitモードではプリンタドライバーが動かないので。)

CR-X_デカールを貼ったところ

↑ かなり遠回りしましたが、ボディーサイドに作成したデカールを貼りました。小さい文字もちゃんと読めるし、いい感じです。
 センターピラーにも小さい「CR-X」のデカールを貼りましたよ。窓枠はマスキングして黒を吹いておきました。

CR-X_ウレタンクリア

↑ そしたらウレタンクリアをドバっと吹きました。
 MDプリンターで作成したデカールは大丈夫みたいです。

 あと、リアランプの中央部に「CR-X」のデカール(こちらはキット付属のもの)を貼ったのですが、段差を見せたくないので、ここにもウレタンクリアを吹いておきました。あとでボディーと一緒に研ぎ出しをするつもりです。

       

 たぶん、今回のホワイトデカール作成がCR-X改造の山場だったので、うまく乗り越えられてよかったです。

 今回はここまで!グラッチェ!
 
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/137-0e32f96f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ