燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

ホンダ CR-X(タミヤ) その6【シャシーとホイールですねぇ!】

 ボディーのウレタンクリアが硬化するのを待つあいだ、他の箇所を進めていきましょう。

 まずはシャシーです。

CR-X_M4ナット

↑ 例によって、ディスプレイケース固定用のM4ナットをシャシーの中央に接着しました。以前はステンレス製のナットを使っていたのですが、今はプラ製のものを使っています。接着しやすいし、少し力を入れてもポロっと取れたりすることがありません。

CR-X_ホコリ取り用の穴

↑ そして、今回のトピックです!
 内装の助手席足元に穴をあけて、シャシー側にも穴をあけました。さあ、これはなんでしょうか!?

 ...これは、ホコリ取り用の穴です!
 ボディーと内装とシャシーを組み上げたあと、窓の内側にホコリが見つかった...なんてこと、よくありませんか?
 全部バラしてホコリを取って、再度組み上げればいいのですが、アンテナとかワイパーとかの細かい部品を接着したあとだと壊しちゃうリスクがあるので、もうホコリを取るのは諦めたってこともありました。それがなんとか解決できないかなと考えて、ホコリ取り用の穴をあけることにしたわけです。

CR-X_ホコリ取り用の穴

 この穴から粘着テープを付けた針金を差し込むか、エアダスターを差し込んでホコリを飛せば、ボディーとシャシーをバラすことなくホコリが取れるわけです。
 穴の位置は、完成後に目立たない箇所がいいので、助手席の足元にしました。
 全部完成したら、この穴は黒いスポンジで塞いでおきます。

 ...うーん、これはすごい発明だ!って自分に酔っていたのですが、今回のCR-Xに限っては、サンルーフが開閉するので全然意味なかったよーーー!
 ちゃんちゃん。

 まあいいや、今後は役に立つでしょう。
 まっこれはやっぱり伸びシロですねー。

CR-X_シャシー完成

↑ そして、塗装をして、シャシーが出来上がりました。
 トレッドを狭めたかったので、前後のブレーキを少し削りました。
 マフラーの先端は穴をあけてメッキシルバーNEXTで仕上げました。

 次はホイールの塗り分けです。

CR-X_ホイール

↑ メッキを落としてからガイアのEX-シルバーで塗装しました。そのあとボディーと一緒にウレタンクリアを吹きました。

CR-X_ホイール

↑ その上にエナメルのつや消し黒を吹いて... 

CR-X_ホイール

↑ エナメルうすめ液で拭き取りました。綿棒とかではなくて、キッチンペーパーで一気に拭き取った方が効率も仕上がりもよかったです。

       

 今日のW杯予選に出てたのは本田じゃなくて、じゅんいちダビッドソンだったのかな!?

       
 
 今回はここまで!グラッチェ!
 
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/138-5fe793ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ