燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

青筋立てながらマスキングして塗り分けたシャーシだけど、どうせ見えない。

青筋立てながらマスキングして塗り分けたシャーシだけど、どうせ見えない。

青筋立てながらマスキングして塗り分けたシャーシだけど、どうせ見えない。

次に作るものを準備しているあいだ、「クルマプラモあるある」を書いてみたいと思います。

元ネタはスジボリ堂さんの「模型の格言」です。ムムムッとうならされたり、クスッと笑っちゃって共感できるこのコーナーが好きなので、自分も真似してみました。

シャーシというのはクルマの裏側なので、プラモが完成してしまうと全然見えなくなっちゃいます。なので、全部黒で塗っちゃうというのも一つの考え方だと思います。

モールドがいい加減な昔のキットなどの場合は私もそうしちゃうのですが、塗り分けしやすいようにきれいにパーツ分割されていたり、シャーシ部分が写っている実車の写真がたまたまあったりすると、時間をかけて塗り分けます。でも結局見えない...。この努力は無駄だったのか?

では何のためにプラモを作っているのか..? 他人に見せるためか..? 自己満足か..? 人生とは.? 人間とは.?

...って、そんなに深く考えなくてもいいかっ!

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/14-4a000475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ