燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

レクサスHS250h (フジミ) その1 【次はこれだ!】

前回作成したトヨタ86からずいぶん間があいてしまいました。
トヨタ86はほぼストレート組みだったので、次はちょっと改造もしようということで色々と悩んでいて時間がかかってしまいました。
ということで、今回作るのはフジミのレクサスHS250hです。↓

HS250h_キット箱絵

こちらが実車のカタログです。↓

HS250h_カタログ表紙

一見して分かるとおり、キットは前期型ですが、カタログはスピンドルグリルになった後期型です。これに挑戦したいと思います!
この特徴的なフロントグリルをどうやって再現するか...。(汗)
でも、改造は大変そうだけれど、やったことが分かりやすいところなので、ある程度それっぽく見えればいいんじゃないかとも考えられます。
ものすごい苦労して改造しても、地味すぎて誰も気づいてくれないということもよくあるので。

まずは資料集めということで、実車を見るためにお台場のMEGAWEB(メガウェブ)に行って写真を撮ってきました。
何回か前に載せたピンククラウンの写真もこの時に撮ったものです。

HS250h_実車

HS250h_実車

HS250h_実車

HS250h_実車

スピンドルグリルのふちどりはメッキになっているんですね。上段の桟はただの板を重ねただけではなくて、両サイドは段がついて太くなっています。ボンネット折れ目のラインからつながっていたりして、意外と凝った作りになっています。大変だなー。

HS250h_実車

HS250h_実車

この実車の内装は、『ブラック&エクリュ』のなかなか格好いい白っぽいやつでした。作るときは内装の造形に手を加えたりしないと思うのですが、色はこれにしたいと考えています。

...と、大きな改造はあまりやってこなかったので出来上がる気がしないですが、頑張って作っていきたいと思います!

おまけ

おまけ_LS460後期型

HS250hの隣に展示してあったLS460です。一段高い所にありましたよ。こちらは後期型へのマイナー(メジャー)チェンジで同じくスピンドルグリルになったのですが、それ以外の箇所もだいぶ変更されているので、キットが出ている前期/中期型からの改造は大変そうです。内装もだいぶ変わったんですよね。

ディーラーの展示車だと買いもしないクルマをじっくり乗ったり眺めたりはやりにくいと思うのですが、お台場のMEGAWEBはそんな気兼ねなくゆっくり見ることができるので嬉しい限りです。
.
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/18-578387c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ