燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

ロータス エスプリ S1(フジミ) その2【シャシーをちょっと加工だ!】

 近所の桜はまだ2分咲きでした。もう春かぁ。
 プロ野球が始まると、そっちに気を取られがちで、その日の勝敗によってプラモが進んだり進まなかったり。今シーズンは、どんどん進むようになるといいなー。

 さて、今回はシャシーです!

ロータス・エスプリS1_シャシー

↑ そのシャシーですが、ボディーと合体させるときにボディーの下側面を一瞬大きく広げないといけないということが仮組みをしたときに判明しました。
 仮組みのときはそれで構わないのですが、塗装をして最終組み立ての時にそれをやっちゃうと『ピキッ』っと塗膜が割れちゃうかも。

 というわけで、まずはそれを解消する工作をすることにしました!

ロータス・エスプリS1_シャシー

↑ こちらがシャシーですが、このホイールをおおうカバーが、絞り込まれたボディーの下部よりも幅があるために、合体するときにどうしてもボディーを広げないといけません。
 なので、シャシーの幅を基準に、はみ出した部分をカットします。

ロータス・エスプリS1_シャシーの加工

↑ ダイナモテープをガイドにして、BMCタガネでちょっとずつ溝を深くしながら切り離しました。
 切り離した部品はこのあと使うので捨てませんよ。

ロータス・エスプリS1_シャシーの加工

↑ こんな感じで、4箇所とも切り離しました。けっこう時間がかかりましたが、超音波カッターとかならば一瞬で終わる作業だったのかな。

ロータス・エスプリS1_シャシーの加工

↑ そしたら今度は、切り離したパーツをボディー側に接着しました。瞬着で固定してからプラリペアで補強しましたよ。

ロータス・エスプリS1_シャシーの加工終わり

↑ これで安心して付け外しが出来るようになりました!

 こんな感じで、このキットではボディー側にピッタリ沿うようにカバーがついていて、ボディーとタイヤの隙間から内側が見えないようになっていました。だいたいのキットだとこうなっていないので、自分でカバーを追加していたんですよねー。
 なのでこの仕様はとてもありがたいのですが、合体させるときのリスクがあったので、少し工夫をしてみました。

ロータス・エスプリS1_シャシー完成

↑ そしたらシルバーとつや消し黒で塗り分けて、シャシーが完成!
 エンジン部分はタミヤのスミ入れ塗料を使い、ウォッシングの要領で立体感を強調してみました。
 中心部の裏側には固定用のナットを接着していますよ。

 今回はここまで!
 
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

どうも!
もしかすると見ていて欲しくなったので製作参考にさせていただきます。エスプリS1子供の頃トミカで楽しんだ過去がありまして・・・。

  • 2016/04/02(土) 15:30:03 |
  • URL |
  • 黒幕ぬぽ #-
  • [ 編集 ]

黒幕ぬぽさん、子供の頃の思い出って、なんだかんだ、現在の趣味嗜好に影響しますよね。
今回の製作記がお役に立つならば嬉しいです!
i-274

  • 2016/04/02(土) 21:00:54 |
  • URL |
  • 七力夕二 (ななりき ゆうじ) #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/182-18222604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ