燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

レクサスHS250h (フジミ) その6 【フロントグリルだ! 1】

さて、いよいよ今回のハイライト、フロントグリルに取りかかります!
最近のレクサスの統一デザイン「スピンドルグリル」にしていきたいと思います。前期型から後期型に変わった箇所で一番大きな所です。
まずは実車の写真をご覧ください。↓

HS250h_実車フロントグリル

スピンドルグリルは糸巻き型にぐるりと取り囲むメッキモールが特徴です。
その囲まれた部分については便宜上、
 ・スリット5枚とエンブレムのある『上段』
 ・ナンバープレートが付く太い『中段』
 ・薄いスリット4枚の『下段』
と呼ぶことにします。

では、まずは前期型のキットのフロントバンパーとグリルを合わせてみます。↓

HS250h_フロントグリル整形

スピンドルグリルの上部の逆台形のラインはそのまま使えそうな気がします。
多分実車でもフロントライトの形状はわざわざ変えていないでしょうから、このラインは同じだと思います。

HS250h_フロントグリル整形

ということで、元のグリルを生かして、加工していきます。
どうやら中段はキットのバンパー部分を削れば出来そうなので、わざわざ最初から作らずに済みそうです。
なので、削り込んでも大丈夫なように中段部の裏側にはプラリペアをたっぷり盛っておきました。
隙間にはラッカーパテを盛りました。

HS250h_フロントグリル整形_ポリパテ

中段の境目のラインを削り込んで、下側台形の部分はポリパテを盛って形を作っていきます。

そして、大まかに整えたのがこちら。↓

HS250h_フロントグリル整形_ポリパテ

うーん。まだまだ迫力が足りません。下側はもっと前に押し出しが必要みたいです。

で、今度はエポキシパテを盛って大胆に形を作りました。↓

HS250h_フロントグリル整形_エポキシパテ

HS250h_フロントグリル整形_エポキシパテ

下側両サイドのフォッグランプのラインも作っています。
しかしここまでにプラリペア、ラッカーパテ、ポリパテ、エポキシパテと、4種類も使っているということで、かなり迷走していることが分かって頂けるでしょうか。(汗)
複数の素材を使うと後々の作業に悪影響(ポロッと取れたり)を与える確率が高まるので本当は統一した方がいいのですが、なにせ行き当たりばったりなのでこんな感じになりました。

さあこれをヤスリ、ペーパーで形を整えて、↓

HS250h_フロントグリル整形_エポキシパテ

HS250h_フロントグリル整形_エポキシパテ

サーフェイサーを吹いたら... ↓

HS250h_フロントグリル整形_サーフェイサー

こんな感じになりました!!!

まだメッキ部分のラインは入れていないですが、一応形にはなっていると思います。
ここまでに何度も投げ出しそうになったのですが、やっとここまで来ました。(泣)

次回はスピンドルグリル内の上段、下段を作っていきます!
.
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/23-f0a254d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ