燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

スバル WRX STI (モデラーズ) その3【無難!?】

 今回はボディに取りかかります!

スバル_WRX_プラサフ1

↑ BMCタガネを使ってスジ彫りをなぞったあと、レジン用プラサフを吹きました。シャシーのときは缶スプレーを吹いたのですが、ここではビンのやつをエアブラシで吹きました。こっちの方が使い勝手がいいみたいです。

 パーツを念入りに洗浄したのでハジキはありませんでしたよ。だけど前回ハジいたのは缶スプレーが悪かったのかな?と疑ったりして。
 だいたいオッケーでしたが、ドアハンドルを削り取ったところなどにキズが見つかりました。

スバル_WRX_プラサフ2

↑ キズを修正してから2回目のレジン用プラサフを吹きました。
 レジンで複製したドアハンドルとアンテナも別に吹いています。仮止めしてみましたが、合わせとかは大丈夫そうです。

スバル_WRX_グレー

↑ 下地としてグレーを吹きました。
 ちょっと光沢が出たくらいで、さっきとあまり変わらないですね。

スバル_WRX_GXメタルダークブルー

↑ そしたら、ボディ色の青を吹きました!
 使ったのはGSIクレオスの「GXメタルダークブルー」です。
 あまり濃くならないように下地をグレーにしたのですが、濃淡のムラを無くすために吹き重ねていたら、結局濃くなってしまいました。だったら下地は黒でよかったかも。

スバル_WRX_小物

↑ ドアハンドルとアンテナ、リアウィングも忘れずに吹きましたよ。
 クリップタイプの持ち手とペインティングベースは最近使い始めたのですが、なかなか便利でいいですね。
 でもこのドアハンドルなどは挟むところがないので爪楊枝に両面テープでくっつけています。

スバル_WRX_ウレタンクリア

↑ そしたらウレタンクリアを吹きました!
 あとは硬化するのを待ちましょう。

            

 カタログによると、このクルマのボディカラーは赤とか白とか6色あるのですが、その中で今回は「WRブルー・パール」をイメージした青にしました。ちょっと無難過ぎてつまらないかな!?
 まあ、いいかっ。

 今回はここまで!
 
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/246-c964c6be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ