燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

スバル WRX STI (モデラーズ) その4【タイヤもレジン!?】

 ボディが一段落したので、今回は下まわりです!

スバル_WRX_シャシー

↑ シャシーはこんな感じで、レジン用プラサフを吹いたあと、セミグロスブラックを吹きました。
 塗装の前に、ディスプレイケース固定用のナットを中心部に取り付けています。

スバル_WRX_シャシー兼内装

↑ 裏返すとこんな感じです。
 シャシーは内装と兼用になっていて、かなり厚みがあります。
 前後に4つ穴があいていて、ボディとシャシーはネジ止めするようになっています。

スバル_WRX_ホコリ取り用の穴

↑ ホコリ取り用の穴を開けるのを忘れていたので、助手席足下あたりに四角い穴を開けました。

スバル_WRX_ホコリ取り用の穴

↑ 黒いスポンジを詰めておけば目立たないでしょ!?
 完成後、中にホコリなどが見つかったら、先端に粘着テープをつけた針金をここから突っ込めば、分解せずにホコリを取れるというわけです。

 以前、CR-Xを作った時に思い付いてやり始めたのですが、そのあと作ったやつはサンルーフ付きとかオープンカーとかでやらないことが多くて忘れてました。

スバル_WRX_シャシー

↑ シャシーは排気管の部分だけ筆でシルバーを塗りました。
 ネジ止めする部分はマフラーとフロアガードでふさぐようになります。よく考えられてますよね。

スバル_WRX_ブレーキ

↑ ブレーキはこんな感じ。もう黒く塗っちゃってます。ディスク部分はエッチングパーツが付いていました。

スバル_WRX_ホイール

↑ ホイールももちろんレジン製なので、まずレジン用プラサフを吹きました。ボルトのモールドは無かったので、リベットヘッドが入るようにピンバイスで穴を開けておきました。

スバル_WRX_ホイールとタイヤ

↑ ホイールにはガンメタを吹いて、ナット部分にはリベットヘッド(M)を差しました。差し込んだ上から筆でメタルプライマーを流し込んで接着しましたよ。
 タイヤもなんとレジン製(!)。「タイヤはゴム製」という固定観念があったので驚きました。ちゃんとトレッドパターンも入っているし、確かにこれでなんの問題も無いよねー。
 タイヤは元々黒色だったから、そのままで塗装はしていません。

 ということで、今回はここまで!
 
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

どうも~
タイヤもレジンでしたか・・。シャシが一応彫刻されているのですね、始めてみました、私の持っているレジンキットは何も彫刻がなくネジ穴があるくらいですよ~。

  • 2017/08/16(水) 07:41:51 |
  • URL |
  • 黒幕ぬぽ #-
  • [ 編集 ]

黒幕ぬぽさん、コメントありがとうございます!
タイヤもレジン製ということで、柔軟性は無いですが、きっちり4点接地していれば問題ないということなのでしょう。
シャシーは普通のプラキットと比べたらシンプルですが、ちゃんとモールドされているのがスゴいですよね。そこら辺を含めて、メーカーのやる気が感じられて、こちらのテンションも上がります!
i-274

  • 2017/08/16(水) 18:31:35 |
  • URL |
  • 七力夕二 (ななりき ゆうじ) #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/247-61e1cc7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ