燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

レクサスHS250h (フジミ) その12 【内装だ!2】

今回は内装の続きです。
シートの塗り分けまで終わったところで、改めてカタログや実車の写真を見ていると... ↓

HS250h_実車_後席シートベルト

後席のシートベルトが気になってきました。白いシートに黒いベルトなので目立つでしょ。
シートベルトの受け部分(バックル)は初めから追加するつもりだったのですが、ベルト部分はオープンカー以外ではいつも省略しているので今回もそのつもりでした。でも今回はどうしても目立つので無視できず、追加することにしました...。

HS250h_後席シートベルト

↑この写真はパーツを組み合わせて様子を見たものです。
ベルト部分はマスキングテープを細切りにしたものです。このあと黒く塗りました。金具部分(タングプレート)はジャンクのエッチングパーツを使いました。受け部分(バックル)はプラ棒を黒く塗って、先端を赤で塗ったものです。

あとは細かい部分を塗り分けて、内装の完成です!! ↓

HS250h_内装完成
HS250h_内装完成

やっぱり後席のシートベルトは追加して良かったです。
ステアリングのエンブレムは社外品のメタルインレットです。

あと、センターコンソールはちょっと新しいやり方を試してみました。↓

HS250h_内装完成

いつもはボタン類の白い文字などはエナメルの白を細い筆でちょんちょんと塗っていました。でもこれでは色が薄かったり太くなっちゃったりと難しい作業でした。
新しいやり方というのは、プラの成型色の白を生かして、吹いた黒をケガキ針で削って白い文字を表現するというものです。これだとはっきりとした白になるし、比較的均一な太さになるのでいい感じです!!
このやり方を思い付いたときは「これは発明か!?」と自分ひとりで興奮したけれど、そんなことはないんでしょうね...。

このやり方の欠点は、成型色が白であること限定なこと、塗装が厚くなると削りにくい、修正が面倒...などですかね。
でもこのやり方ならば、やる気になれば文字も描けるかも。
そういえば86のときも同じようなことをしてました。


おまけ
今回も、お台場のメガウェブで撮った写真です。
クイズです。このクルマの車種名は何でしょうか?

このクルマの車種名は?

ヒント:いまどき、真四角なヘッドランプですね。フェンダーミラーが付いてましたよ。ボディーカラーは「鸞鳳(らんぽう)グロリアスグレーメタリック」(!)だそうです。















...正解は『トヨタ センチュリー』でした!
分かりましたか?

トヨタ_センチュリー

確かセンチュリーはアオシマからキットが出てましたよね。
いつか作るかなぁと思って、写真を撮っておきました。

さあ、次回はボディーの研ぎ出しかな!?

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/29-9023c255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ