燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

日産 Be-1(バンダイ) その4【気になるところがあったら?ボディの修正でしょ!】

今回の大きなトピック、「バキュームフォーム」が一段落したので、次はボディに取りかかりたいと思います。

ボディは一通りペーパーがけを済ませました。表面に微妙なうねりはありましたが、ペーパーがけすればすぐに消える程度のものでした。
スジボリ部分はBMCタガネで深くするだけでだいたい十分だったのですが、段差や太さが気になった前後部分のスジボリは、ラッカーパテで一度埋めて、固まる前にBMCタガネで彫り直しました。↓

Be-1_スジボリ
Be-1_スジボリ

パテが固まっちゃうと彫り直すのが大変ですからね。
このあとまたペーパーをかけてきれいに整えました。

そして、このキットで大きな分岐点は、「ノーマルルーフ」か「キャンバストップ」にするかです。
ここは前述の通り、「キャンバストップ」を選択しました。

キットのルーフには裏側にちゃんと溝が掘ってあるので、それを深くするような感じでパカッとルーフを切り離しました。↓

Be-1_ルーフ

残ったピラーはみんな太めなので、急にポッキリという強度的な心配はなさそうです。

次はリアクォーターウィンドウ部分の工作です。実車のように外ハメにしたいので、受けの部分を作りました。↓

Be-1_リアクォーターウィンドウ

白い部分がプラ板で作った受けの部分です。
ここに塩ビ板を外側から接着する予定です。

ボディの裏側にも少し工作をします。
私の中では定番メニュー、ホイールハウスの目隠しです。
斜めからホイールハウスを覗いたときに、余計なものが見えないようにするものです。
まずは細切りのプラ板で足場を作ります。↓

Be-1_ホイールハウス目隠し

そこにプラ板を乗せて接着します。
プラ板を細い棒でしごくとクセがついて丸まりますよ。↓

Be-1_ホイールハウス目隠し

シャシーに合わせて、現物合わせで余計な部分をカットします。↓

Be-1_ホイールハウス目隠し

出来上がり!!
...と言っても、ほとんどカットされて、あまり残っていないですね。
このキットはシャシーが専用設計でそんなにスキマがなかったのでこれで十分でした。昔のフジミ共通シャシーでは2cm幅(!)くらい必要なものもありました。(大げさだったかな?)

今回はちょっと地味めのものしかなかったですね。
でもまだトピック的なものがあと二つくらいはある予定です。

次回はボディの続きだと思います!!
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

いよいよボディ製作ですね。細かいところをこだわって作ってらっしゃるのですごいなあと思います。
ところでここのブログ、知り合いに広めてもよろしいでしょうか?
特に今のBe-1はとても興味深く見る人が知り合いにたくさんいます。

  • 2013/10/11(金) 00:57:13 |
  • URL |
  • (´∀`) #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

(´∀`) さん、もちろんリンクフリーですし、お願いします!
ある程度記事がたまってからじゃないと積極的に外部にアピールしちゃいけないかなぁと思って、今はまだ腰が引けている状態です。
見て頂ける方がいれば、励みになります!!!

  • 2013/10/11(金) 23:48:55 |
  • URL |
  • 七力夕二 (ななりき ゆうじ) #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/39-52692831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ