燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

トヨタ86 (タミヤ) その3

 シャシーの中心に穴をあけて、M4ナットを接着しました。これは、ディスプレイケースにボルトで固定するためのものです。

トヨタ86_シャシー_ナット

 この方法を知って、完成したものをどこにどうやって飾っておくかの問題が一気に解決しました。ケースに入れておけばホコリや指紋で汚れることもないし、ケースを統一しておけば並び替えも簡単です。ボルトで固定するので足回りがグラグラでも誤魔化せるというメリットもあります。製作過程にもメリットがあって、ボディーとシャシーを合体させてから仮の土台に固定しておけば、小物の接着の際にボディーをベタベタと触らないで済みます。

 シャシー中心に1個だけなのは、こうすればケース内で向き(角度)を変えることができるからです。真っ直ぐだけではなくて斜めにしたいときもあるので。また、取り付け位置を統一しておけば、ケースを変えても問題ありません。

 ナットはなるべく目立たないように取り付けたいのですが、今回は排気管とプロペラシャフトを分断することになってしまいました。たまに、ちょうどタイコの部分だったり、アンダーカバーがある部分だったりして、うまく隠れることもあるのですが、どうせあまり見えないしと割り切っちゃいました。

 高さをかせぐために内径5mmのプラパイプをかませて、エポキシ接着剤で固定しました。

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/4-2c921a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ