FC2ブログ

燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

ホンダ プレリュード(4代目)(フジミ)その2【先を読むことだ!】

 仮組みをしたら不具合(自分にとっての)が判明したので、まずはそれをちょっとずつ修正していきましょう!

4代目_プレリュード_ウィンドウパーツ
↑ ウィンドウのクリアパーツはこんな感じでした。
 サイドにはボディ側に固定するための切り欠きがあります。さらに、フロントにはバックミラーをはめ込むための出っぱりがあります。どちらも実車には無いもので、このままだとおもちゃっぽくなってしまいそうなので、修正したいところ。
 全体的にも歪(ゆが)みがあるので、磨き直したほうがいいみたい。

4代目_プレリュード_ウィンドウパーツ
↑ ということで、ウィンドウパーツは超音波カッターで4分割してしまいました!
 これで作業がやりやすくなりましたね。

4代目_プレリュード_ウィンドウパーツ
↑ サイドウィンドウの切り欠き部分は、瞬間接着剤を詰めて埋めました。空気が入ったりするので、完全に同化するのは難しいのですが、このあと平滑化して磨いていけばもう少し目立たなくはなるんじゃないでしょうか。
 はじめは光硬化レジンを詰めてみたのですが、すぐにポロッと取れてしまったので、瞬間接着剤に切り替えました。

4代目_プレリュード_カウルトップ
↑ こちらは、フロントウィンドウをボディに合わせたところです。
 長さが足りなくて、下側がカウルトップ(ワイパーが付く部分)に届かずにスキマがあいてしまっています。

4代目_プレリュード_カウルトップ
↑ ウィンドウ側を伸ばすのは無理なので、スキマを埋めるため、カウルトップ側を伸ばすことに。カウルトップ部分に0.3mm厚のプラ板を貼りました。

4代目_プレリュード_カウルトップ
↑ で、リューターなどで削って、整形!

4代目_プレリュード_カウルトップ
↑ ウィンドウを合わせてみると、スキマがなくなりました!
 これでやっと普通の状態になりましたね。

 ちなみに、白いプラ板が黄色っぽくなっている部分は、パテを盛ったわけではなくて、プラの赤い成分が出てきた、いわゆる「染み出し」です。ボディカラーはシルバーにするつもりなので、この染み出しが出てきちゃったらまずいですねー。用心しときましょう。

 今回はここまで!
 
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/401-5a5e08a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)