燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

ダッジ チャージャー(リンドバーグ) その2【まずは仮組みですね~!】

 作るものが決まったので、箱を空けてみました!
 国産キットとの違いがいろいろと見られましたよ。

チャージャー_全部品

↑ 箱から中身を出すとこんな感じです!
 たくさんのパーツが箱いっぱいに詰まっていました。包んでいるビニール袋の質が悪くて透明度が低いので、全部が汚れているみたいに感じて、「大丈夫なのか?」と、一瞬不安がよぎりました。

チャージャー_パーツ

↑ ボディー、内装、シャシーです。
 袋から出すと、当たり前ですがパーツはみんなキレイで、大丈夫そうです。シャシーにはやたらと穴があいていますが、全部必要なものみたいです。いろいろごちゃごちゃとパーツを貼り付けないとシャシーは完成しないみたいです。このあたりは、あっさりめな表現の国産キットとは違うところですね。
 ボディーのモールドはちょっと甘めな感じです。

チャージャー_パーツ

↑ 前後バンパー、ボンネット、内装部品などです。
 内装部品はこれとは別にポリスカー仕様のものが入っています。でもちゃんとノーマルのものは揃っているので、ノーマル仕様としても問題なく組めそうです。内装部品としてサンバイザーがあったり、Bピラーの室内側があったり、これもまた国産キットとは違っていて面白いです。

チャージャー_パーツ

↑ エンジン、足回り関連のパーツです。
 やたらと細かく分割されていて、一筋縄ではいかないことを予感させます。国産キットに慣れた私は、「ここ、そんなに凝る必要あるか!?」と思っちゃいました。

チャージャー_パーツ

↑ タイヤ、クリアパーツ、メッキパーツです。
 ウィンドウパーツは全部外ハメ式です。これまた一般的な国産キットとは違うところですね。
 メッキパーツはキラキラ系のもので、オーバーコートがかかっているようなので、メッキを落とすのは苦労しそうです。

チャージャー_パーツ

↑ こちらは、ポリスカー仕様のためのパーツです。
 今回はどれも使用しない予定です。色んな仕様のパトライトがあったり、前後の座席を仕切る頑丈そうな仕切りがあったり、なかなか面白いですが、ジャンクパーツとして取っておいても、他に使い道が難しいですね...。

 さて、次は全体のバランスを見るために仮組みをしました!

チャージャー_仮組み

 全体の雰囲気は悪くないと思います。
 クリアパーツを含めて、全然合わないというのはありませんでした。でもバリは多めなので、ゲート部分の処理だけではなく、全部の辺を丁寧に処理する必要がありました。
 組立説明書は、間違いや部品の向きなどが分かりにくい所がありました。また、部品番号がバラバラに振ってあるので、パーツを探すのが大変でした。

チャージャー_仮組み

 給油口のフタが別パーツになっていて、開閉式というのには驚きました。「なんでそこを?」って感じです。でも研ぎ出しの邪魔だから、容赦なくもう接着しちゃったけどね!
 車高はちょい腰高な感じで、特に前輪は少し落とした方が良さそうです。

 そして、さらにビックリしたのが...↓

チャージャー_車軸とホイール

 なんと、ホイールと車軸の接合部分がポリキャップではなく、プラ同士のはめ合いになっています!
 この方式だと、仮組みをしていてホイールを取ったり付けたりしていると、グラグラになったり、ポッキリいきそうで、どうにも不便です。また、ブレーキディスクはホイール側にくっつける方式なので、ホイールを回すといっしょにクルクルと回ってしまって、ブレーキパッドを付けられません...。
 でも幸いなことに、ホイールの穴はポリキャップがすっぽり入る大きさなので、ちょっといじればなんとかなりそうです。

 ...と、まあ、今回はこんな感じです!

 

 いやぁ、アメプラって本当にいいもんですね~!
 ぼんちゃん、ぼんちゃん...!?
 それではまた!!!
 
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/94-85593da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ