燃える男のクルマプラモ製作!!!

タミヤ、アオシマ、フジミ、その他 1/24クルマのプラモデル製作記録を綴っています

ダッジ チャージャー(リンドバーグ) その4【青のラインをテスト吹きですね~!】

 さて、今回のポイントとなる、ボディに入れる青のラインをどうするか、テストしました!

 ラインの入れ方は、いくつか考えられると思うのですが... 

[A] 黒の上に青いラインのデカールを貼る
[B] マスキングをして塗り分ける
 [B-1] 黒の上にマスキングをして青を吹く
 [B-2] 先に青を吹いて、そのあとにマスキングをして黒を吹く

 ...と、ごちゃごちゃ並べましたが、一番手軽そうな、[B-1]で行けたらいいなと考えて、進めていきました。

チャージャー_テストチップにマスキング

↑ まず、黒を吹いたプラ板に青のラインを吹く部分を残してマスキングしました。

チャージャー_スカイブルー

↑ そこにドバっと青を吹きました。

チャージャー_スカイブルー

↑ マスキングを取ったらこんな感じ!
 マスキングをはがすのが早すぎて、汚くなっちゃいましたね。
 使用したのは、フィニッシャーズの「スカイブルー」です。目指しているイメージ写真と比べると、ちょっと色が薄い感じがします。もうちょっと青味が強い方がいいですね。
 でも、白の顔料が入っている色だからなのか、ベース塗料なしでちゃんと発色してくれるのが分かったのは収穫です。

チャージャー_インディブルー

↑ 次は、クレオスの「インディブルー」を吹いてみました!

チャージャー_スカイブルーとインディブルー

↑ 並べるとこんな感じです。こちらもちゃんと発色していますが、今度はちょっと色が濃い気がします。これだと、黒とのコントラストが弱くて、つまらなくなりそうです。

チャージャー_スカイブルー+インディブルー

↑ じゃあ、あいだを取って...というわけで、両方を混ぜたものを吹いてみました!
 真ん中のやつが混ぜたやつです。...うん、このくらいがちょうどいい気がします。明るさと濃さが、いい感じです。

 というわけで、[B-1]のやり方で行けそうな目処がつきました!
 [A]はデカールの手持ちがないし、[B-2]の「先に青を吹く」のは、マスキングしている時間が長くなってリスキーな気がしたので、[B-1]のテストがうまくいってよかったです。
 あとは、うまく真っ直ぐにマスキング出来るかどうかということですね。

 

 マスキングがうまくいくのか、いかないのか、不安ですねえ、恐ろしいですねえ。
 シュワちゃん、シュワちゃん...!?
 それでは次回をご期待ください。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ... 
 
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

ちょうど私もライン用の色を検討していたところでした。
最初は位置も左に寄ってるし似てるのかなあ?と思いましたが、色はグリーンになるし太くする予定なので、雰囲気は変わりそうです。

でも黒の上に青を直接こんなに綺麗に塗れるのはすごいですね。てっきり下地を塗ってからだと思っていました。
私もグリーン単独ではなく、黒との相性も見ていかなくてはなりませんね。勉強になります。

  • 2014/09/30(火) 23:54:04 |
  • URL |
  • きよみ #-
  • [ 編集 ]

そうなんです、テスト吹きをする前は、やっぱり下地が必要かなと思っていました。でもそうすると厚みが出そうでいやだなぁ...と思っていたら、意外に青だけで発色してくれて助かりました。

きよみさんのチャージャーはエアロが付いたりして、ほぼノーマルの私のものとは違う感じの仕上がりになりそうですね!
でも、慣れた国産キットとはいろいろと勝手が違うので、見通しが立ちにくいですよね...。i-229

  • 2014/10/01(水) 22:31:40 |
  • URL |
  • 七力夕二 (ななりき ゆうじ) #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fire24.blog.fc2.com/tb.php/96-df50607e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ